障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

カテゴリー:就職・採用

都が運営する東京障害者職業能力開発校

採用・就職

職業的な自立、生活の安定と地位向上をめざして

 東京障害者職業能力開発校は職業能力開発促進法に基づき、国が設置し東京都が運営する施設です。障害者が就職に必要な知識、技能・技術を習得することで職業的に自立し、生活の安定と地位向上を図るために設立されました。

 同校では訓練内容ごとに、関連する科目をいくつかのグループ(職系)に分け、各職系ごとに生徒を募集しています。主 ... >>続きを読む

愛知県の「はたらくリンクプロジェクト」の取り組みついて

採用・就職

愛知県精神・発達障害者雇用促進プロジェクト

 「はたらくリンクプロジェクト」は、「平成26年度緊急雇用創出基金事業 地域人づくり事業」の一環として行われる「愛知県精神・発達障害者雇用促進プロジェクト」のことで、精神・発達障害者が活躍できる地域社会をめざし始動しました。

 具体的な活動内容は、プロジェクトの受託事業者による各種セミナーの企画・開催、障害のある求職者の ... >>続きを読む

聴覚障害の就職支援・キャリア形成支援について

採用・就職

改正障害者雇用促進法の施行に向けて

障害者を支援する改正障害者雇用促進法及び障害者差別解消法が、2016年から施行されます。

この改正等の施行に向けて独立行政法人 日本学生支援機構では、聴覚障害のある学生が大学生活で学んだことを、職場や社会で活かすためにはエンパワーメントの視点を考慮した就職支援・キャリア支援が不可欠であると捉えた様々な支援活動を行っていま ... >>続きを読む

「かながわ障害者雇用ハート企業」とは?

採用・就職

障害者雇用に取り組む中小企業を応援

 障害者雇用に取り組む中小企業を応援する取り組みとしで、神奈川県では「かながわ障害者雇用ハート企業」を公表して、その商品やサービス等を広く紹介しています。

 「かながわ障害者雇用ハート企業」とは、(1)企業全体の常用雇用労働者数が50人以上300人以下であること。(2)本社所在地集計の障害者雇用率が3.0%以上であること。(3) ... >>続きを読む

障害者の在宅就業支援「チャレンジホームオフィス」

採用・就職

在宅就業支援25団体の支援情報を掲載

 IT技術や情報インフラの整備により、職場環境や業務形態は急速に変化しています。その結果、障害者においても会社だけではなく自宅やその他の場所でも業務可能な環境になってきています。

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では、企業および障害者の方に、在宅での就業機会の促進を目的に、「チャレンジホームオフィス」と称した支援情 ... >>続きを読む

第13回東京障害者技能競技大会を開催

採用・就職

障害者の技能向上を目指した東京アビリンピック

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構、東京障害職業センター、東京都が主催する東京障害者技能競技大会(東京アビリンピック)は、今年で13回目を迎えました。

 この大会は、「障害のある方が日頃培った技能を互いに競い合うことにより、その職業能力の向上を図るとともに、企業や社会一般の人々が障害者に対する理解と認識を深め ... >>続きを読む

三重障害者職業センターの職場復帰(リワーク)支援事業

採用・就職

うつ病の方の職場復帰を支援

 近年の労働者を取り巻く環境は複雑化しており、メンタル不調による長期休業者は増加しているようです。こうしたメンタル不調者への適切な支援のためには、職場内の体制を整えるのはもちろん、職場外との連携も重要になってきます。

 そこで三重障害者職業センターでは、うつ病等で休職しているメンタル不調者や、その方の復職を希望している事業主に対して、円 ... >>続きを読む

平成25年度障害者雇用実態調査からわかる障害別雇用数

採用・就職

5年に1回行われる障害者雇用の実態調査が発表

 厚生労働省は、平成25年度障害者雇用実態調査を平成26年12月18日に発表しました。この調査は民営事業所における障害者の実態を把握し、今後の障害者の雇用施策の検討や立案に役立てることを目的に、事業所調査と個人調査の2種類を5年ごとに実施しています。

 事業所調査は、常用労働者5人以上を雇用する民営事業所のうち、無作為 ... >>続きを読む

就活の「解禁」3か月繰り下げで注目されるインターンシップ

採用・就職

インターンシップを重視する企業が増加

 政府の要請によって変更になった新卒学生に向けた企業の採用広報が可能になる解禁時期。この要請によって多くの企業の採用広報活動は、昨年の12月1日から、今年度は3か月繰り下げして3月1日に変更しました。文部科学省の調査によると94%の企業が繰り下げる方針であることがわかりました。

 これに伴って、企業の説明会の開催やエントリーの ... >>続きを読む

地域障害者職業センターの「職業準備支援」とは?

採用・就職

障害者が働くことや働き続けることを支援

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の地域障害者職業センターでは、職業準備支援を行っています。職業準備支援とは、障害者が企業等で働くこと、働き続けることを目的とした支援です。

 地域障害者職業センターの支援の特徴は、相談のうえ個別カリキュラムを作成してきめ細やかな支援を行うという点です。たとえば、(1)自分に合った働き ... >>続きを読む