障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

面接

障害者の求人情報・求職者情報が検索できる「ハローワークインターネットサービス」

採用・就職

障害者雇用に向けた求人情報の発信

障害者雇用を考える企業は、障害者専門の求人情報サイトや就職情報誌、大学等のキャリアセンターなどで求人情報を発信することができます。また自社のホームページで求人情報を発信している企業も多くあります。

ハローワークでは、障害者の求人情報を掲載できる>>続きを読む

鳥取県と日本財団が連携して行う「共同プロジェクト」

制度

「オフィス型ジョブトレーニングセンター」開設

鳥取県と日本財団は、2015年11月に協定を結び、「日本一のボランティア先進県」をめざして「共同プロジェクト」を実施しています。

この共同プロジェクトでは、地域住民が元気に暮らし、誇りをもてる社会をつくるこ ... >>続きを読む

愛知県の「はたらくリンクプロジェクト」の取り組みついて

採用・就職

愛知県精神・発達障害者雇用促進プロジェクト

 「はたらくリンクプロジェクト」は、「平成26年度緊急雇用創出基金事業 地域人づくり事業」の一環として行われる「愛知県精神・発達障害者雇用促進プロジェクト」のことで、精神・発達障害者が活躍できる地域社会をめざし始動しました。

 具体的な活動内容は、プロジェクトの受託事業者による各種セミナーの企画・開催、障害のある求職者の ... >>続きを読む

就活の「解禁」3か月繰り下げで注目されるインターンシップ

採用・就職

インターンシップを重視する企業が増加

 政府の要請によって変更になった新卒学生に向けた企業の採用広報が可能になる解禁時期。この要請によって多くの企業の採用広報活動は、昨年の12月1日から、今年度は3か月繰り下げして3月1日に変更しました。文部科学省の調査によると94%の企業が繰り下げる方針であることがわかりました。

 これに伴って、企業の説明会の開催やエントリーの ... >>続きを読む

地域障害者職業センターの「職業準備支援」とは?

採用・就職

障害者が働くことや働き続けることを支援

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の地域障害者職業センターでは、職業準備支援を行っています。職業準備支援とは、障害者が企業等で働くこと、働き続けることを目的とした支援です。

 地域障害者職業センターの支援の特徴は、相談のうえ個別カリキュラムを作成してきめ細やかな支援を行うという点です。たとえば、(1)自分に合った働き ... >>続きを読む

就労移行支援に役立つチェックリスト

採用・就職

対象者の現状を把握するための手段として利用

 障害者の就労に際して支援の強化を図るには労働関係機関と福祉関係機関がそれぞれ保有する障害者雇用に関する各種情報やノウハウを共有し、密接に連携しながら進めることが求められます。そこでより密接な連携を図るひとつの手段として、独立行政法人高齢・障害求職者雇用支援機構において「就労移行支援のためのチェックリスト」を作成しています。

... >>続きを読む

障害内容をいかに伝えるか?

採用・就職

各段階で入社後のミスマッチを防止する

 就業後のミスマッチを防ぐには、企業の採用担当者、求職者ともに選考段階での入念な確認が大切になります。企業側は求職者の志望動機、働くことに対する意欲、人間性、障害内容の把握などを確認することが重要になるでしょう。

 一方の求職者は、企業の経営理念や事業戦略など企業姿勢をはじめ、希望する仕事の内容、職場環境、障害に対する配慮のあ ... >>続きを読む

就職活動期間の変更

採用・就職

2016年卒業予定の学生から変わる就職活動時期

 日本経済団体連合会(以下、経団連)に加盟する企業では、2016年4月卒業予定の学生から現状よりも採用活動の時期が遅くなります。現状の企業の広報活動は大学3年生の12月1日からですが、今後は3年生の3月に繰り下げとなります。2013年の4月に政府からの要請を受けて経団連がこれを了承したことで、現在の大学2年生の就職活動は後ろ倒し ... >>続きを読む

就職活動に不可欠な企業研究

採用・就職

研究不足を感じる学生

 新卒学生の就職活動で重要なのが、「自己分析」と「企業研究」です。就活中の学生にとって、志望業界や企業、職業選択には、自分の志向性や強みを掘り下げる自己分析と、企業の経営理念、事業戦略、事業分野、企業文化などを調べる企業研究は必須の活動といえるでしょう。

 しかし、企業の採用担当者には、学生の自己分析と企業研究が足りないと感じる方も多いようで ... >>続きを読む

細やかな「個別対応」で入社後のミスマッチを防ぐ

制度

一人ひとりに対する「個別対応」が大切

 障害内容や等級などによって、支援の在り方は大きく異なります。企業の受け入れ態勢で重要なのが、バリアフリーの設備面、補助機器の導入、支援制度などの充実と共に、一人ひとりの状況を把握した上で、より適切な支援や補助を行う「個別対応」です。

 障害者雇用で成果を上げている企業の多くは、こうした個別対応に対して積極的に取り組んでいます ... >>続きを読む

1 / 212