障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

ノーマライゼーション

車いすでラグビーする「ウィルチェアーラグビー」とは?

制度

激しさが魅力の障害者スポーツ

 今回の「東京2020パラリンピック」でも人気を集めた「ウィルチェアーラグビー」。ラグビーはスポーツの中でも、激しいイメージが強いスポーツですが、「ウィルチェアーラグビー」も同様に激しい障害者スポーツとして知られ、今回のパラリンピックでも迫力あふれるプレーが多くの人々を魅了しました。

 この「ウィルチェアーラグビー」で使用する車いすは ... >>続きを読む

令和2年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰

制度

バリアフリー・ユニバーサルデザインの優れた取り組みを表彰

 2001年に開催された「バリアフリーに関する関係閣僚会議」において創設され、翌年から実施している「バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰」は、バリアフリー・ユニバーサルデザインの優れた取り組みに対して表彰を行うことで、施設整備や製品開発などの活動を広く促進し普及させるという目的で行われています。

>>続きを読む

障害者自立支援機器「シーズ・ニーズマッチング交流会2017」

制度

障害者自立支援機器の開発や促進を図る取り組み

公益財団法人テクノエイド協会のホームページには、みんなで考えよう!障害者自立支援機器「シーズ・ニーズマッチング交流会2017」~作る人使う人の交流会~が、大阪開催(2017年12月19日~2 ... >>続きを読む

東京都における「障害者週間」の取り組み

制度

障害者を取り巻く問題に対する理解と認識を深めるための取り組み

障害者基本法では、毎年12月3日から9日までを「障害者週間」と定めています。障害者週間は国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めると共に、障害者自身が社会、経済、文化、その他あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的に設けられました。

東京都では、障害者の自立と社会参加を実現 ... >>続きを読む

障害者と一緒に楽しむアート展「Museum of Together」を開催

制度

日本財団「DIVERSITY IN THE ARTS
(ダイバーシティ・イン・ジ・アーツ)」プロジェクトの第1弾

多様な個性に寛容なインクルーシブな社会の実現をめざして様々な支援活動を展開する日本財団は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS(ダイバーシティ・イン・ジ・アーツ)」プロジェクトを推進し ... >>続きを読む

発達障害者支援センターにおける新たな支援のあり方

制度

6つの発達障害者支援センターの取り組みを調査

厚生労働省のホームページには、改正発達障害者支援法に位置付けられた取り組みについて、先駆的に実施していた6つの発達障害者支援センターを対象とした調査の結果が発表されています。

発達障害者支援センターとは、都道府県や政令市などが運営し、発達障害児(者)への支援を総合的に行うことを目的とした専門的機関です。発達障害児(者) ... >>続きを読む

鳥取県と日本財団が連携して行う「共同プロジェクト」

制度

「オフィス型ジョブトレーニングセンター」開設

鳥取県と日本財団は、2015年11月に協定を結び、「日本一のボランティア先進県」をめざして「共同プロジェクト」を実施しています。

この共同プロジェクトでは、地域住民が元気に暮らし、誇りをもてる社会をつくるこ ... >>続きを読む

1 / 712345...最後 »