車いすでラグビーする「ウィルチェアーラグビー」とは?|サーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

車いすでラグビーする「ウィルチェアーラグビー」とは?

制度

激しさが魅力の障害者スポーツ

 パラリンピックでも人気のスポーツに「ウィルチェアーラグビー」があります。ラグビーはスポーツの中でも、激しいイメージが強いスポーツですが、「ウィルチェアーラグビー」も同様に激しい障害者スポーツとして知られています。

 使用する車いすは通常の車いすとは少し異なり、バンパーや競技用の硬いゴム製のタイヤなどがつきます。守備用と攻撃用の2種類あり、この車いすを操りながら激しくボールを奪い合う競技です。

日本でも盛んになり、メダルを目指して奮闘中

 「ウィルチェアーラグビー」は1977年にカナダで考案され、欧米では広く普及されています。そして1996年のアトランタ・パラリンピックでデモンストレーション競技として初登場し、2000年のシドニー・パラリンピックから公式競技に採用されました。

 日本では1996年のアトランタ・パラリンピック後に紹介され、1997年4月には日本ウィルチェアーラグビー連盟が設立され、普及活動に当たっています。2014年には千葉県で全国大会が開催されるなど、通年のように全国各地で大会が開催されるなど浸透しており、パラリンピックや世界選手権でのメダル獲得をめざして活動しています。

同じカテゴリーの記事

記事一覧