障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

ノーマライゼーション

東京都が行う障害者スポーツ促進のための取り組み

制度

全国初の障害者スポーツ専門ポータルサイト

 東京都では障害者スポーツを支援するため、さまざまな情報を発信しています。2012年10月に開設した「TOKYO障スポ・ナビ」は都道府県が開設する障害者スポーツ専門の総合サイトとしては全国初の情報サイトです。

 同サイトでは、都内にある公共スポーツ施設の詳細なバリアフリー情報を掲載しています。また、スポーツ教室やイベントの ... >>続きを読む

2015年度「障害者週間」の動き

制度

「障害者週間」に実施されるさまざまな活動

 内閣府では、「障害者週間」(2015年12月3日~9日)の前後を含む期間中に、障害や障害のある人に関する国民の関心と理解を深めること、さらに障害のある人の社会参加を促進することを目的にさまざまな活動を実施しました。

 国主催の行事として、12月3日には「障害者フォーラム2015」が開催され、障害者差別解消法に関するパネル ... >>続きを読む

あいち発達障害者支援センターの取り組みについて

制度

安心して暮らせる支援体制の整備をめざして

 愛知県が実施主体の「あいち発達障害者支援センター」は、発達障害のある方とその家族が、地域で安心して暮らせる支援体制の整備をめざし、さまざまな活動を行っています。

まず、電話やメール、FAXなどによる相談を受け付けています。予約制の来所相談では、本人との面接、行動観察や検査を用いた発達のアセスメント等に基づいた発達支援を行 ... >>続きを読む

第52回発達障害福祉月間の取り組み

制度

 発達障害への理解を深めるセミナーを開催

 毎年9月は、「障害者雇用支援月間」であると共に、「発達障害福祉月間」でもあります。公益社団法人日本発達障害連盟では、発達障害への関心と正しい理解を深めることを目的としたセミナーおよびワークショップを、厚生労働省の後援のもと開催しています。

 同法人のホームページによると、52回目の今回は、『ラブ&ピース。災害に備えて絆を ... >>続きを読む

日本財団による聴覚障害者事業

制度

「第2回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」

 「第2回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」は、障がいの有無にかかわらず、すべての人々が互いに理解し、共生できる社会を築く目的で、全国初の「手話言語条例」を制定した鳥取県で、昨年に引き続き開催されました。

 同大会は、鳥取県、公益社団法人鳥取県聴覚障害者協会が共催し、日本財団の特別協賛のもと行われています。全国の高校 ... >>続きを読む

一般財団法人休暇村協会の障がい者・バリアフリーの取り組み

制度

休暇村の宿泊施設におけるバリアフリー対策

 全国各地で保健休養のための施設を運営している一般財団法人休暇村協会では、障害者がより快適に利用できる施設をめざして、バリアフリー化をはじめとした障害に配慮・工夫をしたサービスに取り組んでいます。

 主なバリアフリー対策としては、玄関前スロープや館内通路の段差をなくし、車いすでも利用しやすい客室などの設置を進めています。ま ... >>続きを読む

三重県聴覚障害者支援センターの活動について

制度

「第4回センターまつり」開催

 三重県聴覚障害者支援センターは、「インクルーシブ(すべての人が自分らしく生きること)」を基本理念とし、聴覚障害者の福祉向上と情報提供、情報保障、情報コミュニケーションを支援する専門的な施設として設立されました。同センターではさまざまな活動を通して、聴覚障害者自身が地域社会の中で自立した生活を営むことができるよう幅広くサポートしています。

... >>続きを読む

日本障がい者スポーツ協会が主催する陸上競技大会

制度

2015ジャパンパラ陸上競技大会の開催について

 公益財団法人日本障がい者スポーツ協会の内部組織である日本パラリンピック委員会(IPC)が主催となり、2015年9月19日・20日の両日、「2015ジャパンパラ陸上競技大会」が大阪で開催されました。

 同大会は、「障がい者の陸上競技の競技力向上を図るため、国際規則に則った高いレベルの競技会を開催し、国内の陸上競技への ... >>続きを読む

5年目を迎えた「障害者理解 出前講座」

制度

神奈川県障害者自立生活支援センターの取り組み

 NPO法人神奈川県障害者自立生活支援センターは、「障害者とどのように接すればよいか?」「障害者にやさしい環境とは?」など、企業、団体の疑問や課題を解決するために、「障害者理解 出前講座」と題した障害のある当事者による出張セミナーを開催しています。

 同セミナーは、神奈川県(保健福祉局福祉部障害福祉課所管)から委託を受 ... >>続きを読む

「40周年記念わたぼうし音楽祭」開催について

制度

障害のある人が書いた詩をメロディーにのせて歌う音楽祭

 「わたぼうし音楽祭」は1976年に奈良県で誕生した、障害のある人たちが書いた詩をメロディーにのせて歌う音楽祭です。今年で40周年を迎えました。

 奈良県にある一般財団法人たんぽぽの家のホームページには、同音楽祭の誕生の経緯が掲載されています。それによると、「障害のある人たちがつづる『詩』は、生きることの喜びや ... >>続きを読む