障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

カテゴリー:就職・採用

就活の「解禁」3か月繰り下げで注目されるインターンシップ

採用・就職

インターンシップを重視する企業が増加

 政府の要請によって変更になった新卒学生に向けた企業の採用広報が可能になる解禁時期。この要請によって多くの企業の採用広報活動は、昨年の12月1日から、今年度は3か月繰り下げして3月1日に変更しました。文部科学省の調査によると94%の企業が繰り下げる方針であることがわかりました。

 これに伴って、企業の説明会の開催やエントリーの ... >>続きを読む

地域障害者職業センターの「職業準備支援」とは?

採用・就職

障害者が働くことや働き続けることを支援

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の地域障害者職業センターでは、職業準備支援を行っています。職業準備支援とは、障害者が企業等で働くこと、働き続けることを目的とした支援です。

 地域障害者職業センターの支援の特徴は、相談のうえ個別カリキュラムを作成してきめ細やかな支援を行うという点です。たとえば、(1)自分に合った働き ... >>続きを読む

厚生労働省の「精神障害者等雇用優良企業認定事業」について

採用・就職

精神障害者雇用に優れた企業を認証する制度

 平成26年度厚生省委託事業として「精神障害者等雇用優良企業認定事業」という取り組みがあります。この事業は、精神障害者雇用に特に優れた取り組みと積極的な社会貢献をしている企業を認証することで、障害者雇用の積極的な取り組みの推進を目指しています。

 この認証を受けるための応募資格は、精神障害者を雇用している企業・団体(社会福 ... >>続きを読む

自治体における障害者採用状況

採用・就職

東京都の身体障害者職員採用状況

 現在、全国の地方自治体では、2014年度の障害者を対象とした職員採用選考試験が行われています。自治体によって、そのさまざまな職種で応募を受け付けています。

 東京都における2013年度の身体障害者採用の試験・選考実施状況をみてみると、選考区分・事務、採用予定人数25人に対して、申込者数は72人でした。1次選考の受験者数は63人 ... >>続きを読む

東京都障害者IT地域支援センターの取り組み

採用・就職

IT利用相談支援、研修等を行う

 東京都障害者IT地域支援センターは、「IT利用相談支援」として、障害者や家族からの相談支援業務やIT支援に関する区市町村職員からの相談支援業務を行っています。

 またITサポーター(ボランティア)による訪問支援およびセンターでの体験実習の実施、IT地域支援センターホームページの管理・運営業務、障害者のIT利用支援のために必要な情報 ... >>続きを読む

在宅就業を支援するホームページ

採用・就職

障害者の在宅就業を支援するために開設

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では、障害者の在宅雇用・就業支援の普及を図るため、在宅就業支援ホームページを開設しています。

 「チャレンジホームオフィス」と名付けられた同サイトでは、在宅就業を希望する障害者や在宅就業希望者を求める企業に向けて、在宅就業支援団体や在宅就業に役立つスキルのひとつであるIT技術研修を実 ... >>続きを読む

「ホワイト企業」における障害者雇用

採用・就職

離職率が低く、労働環境のよい「ホワイト企業」

 高い離職率や劣悪な環境で働くことを与儀なくされる企業が「ブラック企業」と呼ばれるようになって久しいですが、近年、「ホワイト企業」という言葉もマスコミなどで登場しています。

 こちらは「ブラック企業」の対極にある企業で、明確な基準があるわけではありませんが、労働環境が良く、離職率が低い企業などに対して使われています ... >>続きを読む

障害者雇用における公的機関の情報発信について

採用・就職

東京都と東京しごと財団の取り組み

 東京都と東京しごと財団は、「障害者雇用支援月間」の9月に、障害者の就業状況や企業、特例子会社、就労支援機関、行政の取り組みなどを紹介する「パネル展」や「シンポジウム」などを開催しました。

 「シンポジウム」は、「東京の障害者就労を考える」をテーマに、東京しごとセンター(千代田区飯田橋3-10-3)地下講堂で開催されました。

>>続きを読む

自治体等のインターンシップへの取り組み

採用・就職

大阪障害者雇用支援ネットワークの活動

 インターンシップ制度は、主に学生が一定期間企業などで就労体験をするもので、「働くこと」を考える貴重な機会として活用されています。しかし障害者向けインターンシップは、健常者に比べると実施する業界、企業が少ないのが現状です。

 そのような状況の中で、特定非営利活動法人大阪障害者雇用支援ネットワークでは、障害者が「働くこと」を具体 ... >>続きを読む

職業訓練の推進を図る「障害者職業訓練推進交流プラザ」

採用・就職

実践的・先導的な障害者職業訓練に関する情報交換

 厚生労働省と独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では、障害者の職業訓練に関する取り組みについての意見交換、情報交換を行うことで、効果的な職業訓練の推進を図るために、「障害者職業訓練推進交流プラザ」を開催します。

 11月に障害者職業総合センター(千葉県・千葉市)で開催される同プラザは、障害者の職業訓練を実施す ... >>続きを読む