障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

カテゴリー:制度

職場介助者や手話通訳者などの委嘱助成金制度

制度

障害者介助等助成金の種類

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では、事業主が施設・設備の整備や適切な雇用管理など、特別な措置をしなければ障害者の新規雇用、雇用継続が困難である場合、障害者雇用納付金制度に基づき助成金を支給しています。

 助成金には「重度中途障害者等職場適応助成金」「職場介助者の配置または委嘱助成金」「職場介助者の配置または委嘱の継続措置に係 ... >>続きを読む

障害者差別解消法に向けた「全国障害学生支援セミナー」開催

制度

合理的配慮規定等の施行に備えた理解促進・普及啓発

 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)は、2016年4月の「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」における合理的配慮規定等の施行に向けて、「体制整備支援セミナー」を開催します。

 2014年11月開催予定のセミナーでは、文部科学省の行政説明や同機構の実態調査の分析等の報告をはじめ「 ... >>続きを読む

有料道路における障害者割引制度

制度

通常料金の半額になる障害者割引制度

 高速道路などの有料道路を利用する際、「有料道路における障害者割引制度」があります。対象となるのは、障害者自身が運転される場合は、身体障害者手帳の交付を受けているすべての方になります。

 また、重度の身体障害者もしくは知的障害者が乗車し、その移動のために障害者以外の方が運転する場合も対象となります。

 割引額は通常料 ... >>続きを読む

「社会福祉法人の在り方等に関する検討会」の報告書を発表

制度

社会福祉法人を取り巻く環境の変化を捉えた報告書

 厚生労働省のホームページには、2014年7月に「社会福祉法人の在り方等に関する検討会」の報告書として「社会福祉法人の在り方について」のPDF版がアップロードされています。社会福祉法人を取り巻く環境の変化や社会福祉法人の課題・役割などが記載されています。

 今後さらに深まる高齢化社会などの社会情勢、障害者支援法などの ... >>続きを読む

障害者雇用に向けた千葉県の取り組み

制度

様々な障害者雇用支援を行う千葉県内の各組織

 千葉県では、障害者雇用を支援するために各組織や団体で個々の支援業務を行っています。まず障害のある人やその家族、企業からの就業に関する総合窓口として「千葉障害者就業支援キャリアセンター」を設けています。

 さらに県内16カ所に設置された「障害者就業・生活支援センター」では、就業支援と生活支援を行っています。同センターでは ... >>続きを読む

2015年から障害者雇用納付金制度の対象事業者が拡大

制度

常時雇用する労働者数100人以上の事業主が対象に

 現在、障害者雇用納付金制度の適用対象となる事業者の範囲は、常時雇用する労働者数が200人を超える事業主と定められています。しかし、2015年4月からは、常時雇用する労働者数が100人を超える事業主まで拡大されます。

 新たに障害者雇用納付金制度の適用対象事業者になると、2016年4月から前年度の雇用障害者数を ... >>続きを読む

聴覚障害者を対象とした海外奨学金制度

制度

国際的に活躍できる人材の育成をめざす

 東京都に本部のあるNPO法人日本ASL協会は、2004年から日本財団の助成を受けて「日本財団聴覚障害者海外奨学金事業」を実施しています。

 この事業が実施する奨学金制度は国際的に活躍できる人材を育成することを目的に、日本に住む18歳以上の聴覚障害者を対象にしています。これまでも多くの聴覚障害者がアメリカの高等教育機関へ留学し ... >>続きを読む

支援障害学生が在籍する学校も前年度よりも増加

制度

前年度よりも増加した支援障害学生在籍校数

「独立行政法人日本学生支援機構」の「平成26年度(2014年度)大学、短期大学及び高等専門学校における障害のある学生の修学支援に関する実態調査結果報告書」によると、支援障害学生が在籍する学校は664校に上り、前年度の657校よりも7校増加しています。

 全学校に占める支援障害学生在籍学校は55.8%で、前年度の54.9%よ ... >>続きを読む

障害者特別措置がある資格試験

制度

情報処理技術者試験の特別措置

 独立行政法人情報処理推進機構が実施する国家資格の「情報処理技術者試験」には、身体障害者特別措置があります。

 身体障害などの理由で特別措置を希望する場合は、願書の「身体障害者特別措置」欄に、障害の種類に該当する番号を記入して申請します。申請内容を審査のうえ、特別措置の可否が決定されます。障害の種類は、①肢体不自由、②聴覚障害、③視覚 ... >>続きを読む

6月6日は「補聴器の日」

制度

「補聴器」の普及活動を実施

 一般社団法人日本補聴器工業会と一般社団法人日本補聴器販売店協会は、6月6日を「補聴器の日」と1999年に制定しています。高温・多湿な季節の始まりである6月は、補聴器の愛用者にとってメンテナンスの時期であり、6月6日の6日を裏返すと両耳の穴形に似ていることから6月6日に制定されています。

 日本補聴器工業会では、社会でのバリアを軽減する ... >>続きを読む