障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

カテゴリー:制度

障害者雇用納付金制度の申告申請の記載事項等の変更点

制度

申告申請に必要な記載事項と添付書類が追加

 障害者雇用納付金制度は、障害者の雇用に伴う事業主の経済的負担の調整を図るとともに、障害者の雇用水準を引き上げることを目的として障害者給付金(給付金)の徴収、障害者雇用調整金、報奨金、各種の助成金の支給を行う制度です。

 平成26年度申告申請分からは、障害者の雇用の促進等に関する法律施行規則の一部を改正する省令(平成25年 ... >>続きを読む

東京しごと財団の「障害者雇用支援アドバイザー」派遣サービス

制度

障害者の職場体験実習を推進するためのサービス

 障害者のための幅広い就業支援事業を展開している公益財団法人東京しごと財団では、障害のある方の就労を支援するために障害者雇用支援アドバイザーを無料で派遣するサービスを行っています。

 このサービスは、障害のある人を実習生として受け入れ、職場体験ができる企業に対して、障害者雇用支援アドバイザーを無料で派遣し、実習生受け入 ... >>続きを読む

トライアル雇用を利用しやすくするために支給要件を変更

制度

「トライアル雇用」による障害者雇用支援

 雇用就労経験が乏しい障害のある人を原則3か月間、試行雇用として雇い、障害者雇用の理解を深めてもらおうという趣旨の障害者試行雇用(トライアル雇用)。求職者にとっても就労への不安の払拭、業務を体験することで自分自身の適性を知るきっかけになるなど、企業と求職者の相互理解を促進する制度として活用され、雇用支援策として定着しています。

< ... >>続きを読む

日本障害者リハビリテーション協会が「古本募金」と提携

制度

民間企業と提携した募金活動を開始

 公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会は、埼玉県の古本・DVD・ゲーム買取会社と提携して、読み終えた古本を募金として寄付してもらう活動を開始しました。

 日本障害者リハビリテーション協会は、1964年に設立された国内外の障害者のリハビリテーションに関する研究と障害者のリハビリテーション事業の振興を目的に活動しています。そん ... >>続きを読む

2014年の障害者雇用状況は過去最高を更新

制度

過去最高を更新した雇用者数、実雇用率

厚生労働省が2014年11月26日に発表した「平成26年障害者雇用状況の集計結果」によると、6月1日時点で民間企業に雇用されている障害者数は43万1,225.5人で、前年より5.4%(22,278.0人)増加しまし ... >>続きを読む

障害学生の支援のあり方を検討する「全国高等教育障害学生支援協議会」

制度

目的は大学における障害学生支援の充実

 2014年10月に一般社団法人全国高等教育障害学生支援協議会が設立されました。この全国高等教育障害学生支援協議会の設立には、全国の大学42校が発起校となっています。

 同協議会設立の目的は、高等教育機関における障害学生支援に関する相互の連携・協力体制の確保をはじめ、実践交流を促進、障害学生支援に関する調査・研究及び研修・啓発 ... >>続きを読む

第3回世界身体障害者野球大会、開催

制度

世界から強豪国が集結して熱戦を繰り広げた

 今年は8年ぶりのアメリカのMLBが来日し、日本の侍ジャパンと試合をしましたが、「もうひとつのWBC」と呼ばれている大会があります。それが「世界身体障害者野球大会」です。

 1993年に日本身体障害者野球連盟が設立され、その後、毎年、全国身体障害者野球大会が開催されています。その後、2006年には第1回世界身体障害者野球大 ... >>続きを読む

平成26年度職業リハビリテーションスキルアップセミナーを開催

制度

支援する障害者の障害別に学べるスキルアップセミナー

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では、労働、福祉、医療・保健、教育等の分野で障害のある人たちの就業支援を担当している方を対象にした「職業リハビリテーションスキルアップセミナー」を開催しています。

 このセミナーは、障害別(精神障害、発達障害、高次脳機能障害)に障害者職業総合センターにおける研究及び実践 ... >>続きを読む

文科省がパラリンピックを見据えた「マルチサポート事業」を実施

制度

パラリンピックの14競技をサポート

 文部科学省では、トップレベルのアスリート(競技者)が世界の競合国に競り勝ち、メダルを獲得できるように、各分野で専門的かつ高度な支援を行っています。情報戦略、スポーツ科学、医学、心理学、生理学および栄養学などの複合的・分野横断的アプローチに基づくアスリート支援と、特化したアプローチに基づく研究開発プロジェクトを連携させ、実施しています。>>続きを読む

第3次障害者基本計画における自立支援推進の取り組み

制度

2017年度までの基本的な施策の方向性を示す

 障害者基本計画は障害者基本法に基づき、障害者の自立や社会参加を支援するための基本的な施策として策定されました。法改正に伴い、数度の検討、見直しがされてきました。

 そして2011年の法改正を踏まえ、2013年度から2017年度までの概ね5年間の計画として見直されたのが、第3次障害者基本計画です。本計画では障害者の自己 ... >>続きを読む