障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

情報発信

神奈川県が障害者雇用に向けたリーフレットを作成

採用・就職

障害者雇用に積極的な企業と働く障害者の情報を発信

神奈川県の障害者雇用促進センターでは、障害者の職業的自立と社会参加をめざして、すべての人が働きやすく、能力が発揮できる職場環境づくりを推進しています。その取り組みの一環として、「ともに歩む(障害 ... >>続きを読む

障害者と一緒に楽しむアート展「Museum of Together」を開催

制度

日本財団「DIVERSITY IN THE ARTS
(ダイバーシティ・イン・ジ・アーツ)」プロジェクトの第1弾

多様な個性に寛容なインクルーシブな社会の実現をめざして様々な支援活動を展開する日本財団は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS(ダイバーシティ・イン・ジ・アーツ)」プロジェクトを推進し ... >>続きを読む

身近で働く社員がサポーターとなる「職場内障害者サポーター事業」

制度

企業の主体的な取り組みを重視した事業

東京しごと財団は障害者就業支援事業の一環として、障害者の職場定着を推進する企業を募集し、障害のある社員をサポートする「職場内障害者サポーター」を養成することで ... >>続きを読む

2017年度「障害者自立支援機器等開発促進事業」を公募

制度

公募要項に対象12分野の参考事例を掲載

厚生労働省の「障害者自立支援機器等開発促進事業」の実施団体とされている公益財団法人テクノエイド協会のホームページには、2017年度「障害者自立支援機器等開発促進事業」の公募について ... >>続きを読む

2020年に向けて東京都が掲げる「都民ファーストでつくる『新しい東京』」

制度

「ダイバーシティ」の実現をめざした政策を推進

東京都は「都民ファーストでつくる『新しい東京』~2020年に向けた実行プラン~」を策定し、「セーフ シティ」「ダイバーシティ」「スマート シティ」の3 ... >>続きを読む

発達障害者支援センターにおける新たな支援のあり方

制度

6つの発達障害者支援センターの取り組みを調査

厚生労働省のホームページには、改正発達障害者支援法に位置付けられた取り組みについて、先駆的に実施していた6つの発達障害者支援センターを対象とした調査の結果が発表されています。

発達障害者支援センターとは、都道府県や政令市などが運営し、発達障害児(者)への支援を総合的に行うことを目的とした専門的機関です。発達障害児(者) ... >>続きを読む

高齢・障害・求職者雇用支援機構が行う「平成29年度障害者雇用職場改善好事例募集」

採用・就職

障害者雇用のモデルとなる好事例を募集

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では障害者雇用において雇用管理、雇用環境等を改善・工夫し、様々な取り組みを行う事業所の中から、他の事業所のモデルとなる好事例を募集しています。これは、好事例を広く一般に周知することで、事業所における障害者の雇用促進と職域の拡大、職場定着の促進を図るとともに、事業主の自主的な取り組みの支援と障害者雇 ... >>続きを読む

障害者の求人情報・求職者情報が検索できる「ハローワークインターネットサービス」

採用・就職

障害者雇用に向けた求人情報の発信

障害者雇用を考える企業は、障害者専門の求人情報サイトや就職情報誌、大学等のキャリアセンターなどで求人情報を発信することができます。また自社のホームページで求人情報を発信している企業も多くあります。

ハローワークでは、障害者の求人情報を掲載できる>>続きを読む