障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

在宅就業支援

高齢・障害・求職者雇用支援機構が行う「平成29年度障害者雇用職場改善好事例募集」

採用・就職

障害者雇用のモデルとなる好事例を募集

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では障害者雇用において雇用管理、雇用環境等を改善・工夫し、様々な取り組みを行う事業所の中から、他の事業所のモデルとなる好事例を募集しています。これは、好事例を広く一般に周知することで、事業所における障害者の雇用促進と職域の拡大、職場定着の促進を図るとともに、事業主の自主的な取り組みの支援と障害者雇 ... >>続きを読む

在宅就業を支援するホームページ

採用・就職

障害者の在宅就業を支援するために開設

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では、障害者の在宅雇用・就業支援の普及を図るため、在宅就業支援ホームページを開設しています。

 「チャレンジホームオフィス」と名付けられた同サイトでは、在宅就業を希望する障害者や在宅就業希望者を求める企業に向けて、在宅就業支援団体や在宅就業に役立つスキルのひとつであるIT技術研修を実 ... >>続きを読む

在宅就業支援団体等活性化助成金とは?

制度

在宅での仕事を希望する障害者の就業機会拡大をめざす

 厚生労働省では、「在宅就業支援団体等活性化助成金」を創設し、厚生労働大臣の登録を受けた在宅就業支援団体または一定の要件を満たして障害者の在宅就業を支援する団体が事業の活性化を図る際、その費用の一部を助成しています。この助成金は在宅での仕事を希望する障害者の就業機会を拡大し、定着を図るためには支援団体の活発な活動が不可欠であ ... >>続きを読む

就労拡大をもたらす「在宅就業障害者支援制度」

制度

在宅就業障害者に仕事を発注した企業に助成金を支給

 在宅就業障害者(自宅等で就業する障害者)の就業機会拡大につながると期待されている「在宅就業障害者支援制度」。この制度では、在宅就業障害者に仕事を発注する企業に対して、障害者雇用納付金制度において特例調整金・特例報奨金を支給します。

 また、企業が在宅就業支援団体(在宅就業障害者に対する支援を行う団体として厚生労働 ... >>続きを読む

障害者採用のベストマッチを実現するための職場環境・設備

採用・就職

相互理解の重要性

 障害者求人と一般求人の採用・選考過程における最大の違いは、「障害内容」に対する企業と求職者への伝達や確認です。

 株式会社サーナワークス研究所が毎年発行している「障がい学生の就職活動白書2013年卒版」によると、選考過程で企業が配慮や工夫をした内容として「会場の設定」「駐車場の確保」「ノートテイカーの同席」「点字資料の準備」「手話通訳者の同席」 ... >>続きを読む

障害者の転職を支援する制度

制度

就労移行支援と就労継続支援

 企業等へ就労を希望する方を支援するために、厚生労働省では「就労支援事業」を打ち出しています。これには「就労移行支援」「就労継続支援」などの制度があります。

 就労移行支援とは、障害者自立支援法に定められた就労支援事業の一つで、企業などへの一般就労を希望し、知識・能力の向上、実習、職場探し等を通じて適性に合った職場への就労が見込まれる6 ... >>続きを読む