障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

支援制度

愛知県の「就労支援セミナー&サテライトセミナー」

採用・就職

愛知県精神・発達障害者雇用促進事業の取り組み

 愛知県では「平成27年度愛知県精神・発達障害者雇用促進事業」として、精神・発達障害の方の就職支援を行っています。

 その中の一つとして、障害者の就労促進を目的に「就労支援セミナー」を開催しています。

 このセミナーは愛知県内の各所で5日間行われ、就労に向けて準備ができているか、どんな作業が向いているかなど ... >>続きを読む

5年目を迎えた「障害者理解 出前講座」

制度

神奈川県障害者自立生活支援センターの取り組み

 NPO法人神奈川県障害者自立生活支援センターは、「障害者とどのように接すればよいか?」「障害者にやさしい環境とは?」など、企業、団体の疑問や課題を解決するために、「障害者理解 出前講座」と題した障害のある当事者による出張セミナーを開催しています。

 同セミナーは、神奈川県(保健福祉局福祉部障害福祉課所管)から委託を受 ... >>続きを読む

障害者や高齢者の地域生活を応援する福祉車両への取り組み

制度

日本財団の「福祉車両配備」の事業活動について

 日本財団では様々なプロジェクトを行っています。その中の1つに、障害者や高齢者の地域生活を応援するための車両である福祉車両の配備事業を実施する「福祉車両配備」プロジェクトがあります。

 同プロジェクトは、1994年、移送サービス活動を行う任意団体に車いす対応の福祉車両を寄贈することから始まりました。以来、時代ごとの社会 ... >>続きを読む

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた障害者関連施策

制度

アクセシビリティ協議会を設置

 2014年11月、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたバリアフリー化を推進するため、組織委員会、国の関係行政機関、東京都、関係地方公共団体、障害者団体および障害者スポーツに関する団体等が連携して、アクセシビリティ協議会が設置されました。

 同協議会では現在、各団体の参画を得て「アクセシビリティ・ガイドライン」を策 ... >>続きを読む

兵庫県「ひょうご障害者福祉計画」について

制度

ユニバーサルデザイン社会の実現に向けて

 兵庫県は、障害の有無や年齢・性別等に関わらず「誰もが安心して暮らし、元気に活動できるユニバーサル社会」の実現に向けて、「ひょうご障害者福祉計画」を策定しています。

 同計画は、『自分で決める自分の生き方 みんなでつなぐ 共生の社会』をめざして、「福祉・医療・雇用・消費・地域安全など、障害のある人を取り巻く幅広い分野について ... >>続きを読む

厚生労働省「障害者自立支援機器等開発促進事業」について

制度

障害者の自立支援機器の開発を支援

 厚生労働省では、障害者の自立や社会参加を支援するためには、支援機器や技術開発の促進を図ることが重要であるという考えから「障害者自立支援機器等開発促進事業」を実施しています。

 この事業は、小規模なマーケットで事業化が困難であったり、技術開発済みでも経費の面でモニター評価(被験者による評価試験)が行えないなど、実用的な製品化が進ま ... >>続きを読む

障害者職場復帰支援助成金について

制度

障害者の職場復帰を促進する制度

 「障害者職場復帰支援助成金」は、「重度中途障害者等職場適応助成金」(2015年4月に終了)に代わり2015年4月に新設された、支援制度です。

 厚生労働省のホームページによると、本制度は「事故や難病の発症等による中途障害等により、長期の休職を余儀なくされた労働者に対して、職場復帰のために必要な職場適応の措置を実施した事業主に対して ... >>続きを読む

「パーキング・パーミット制度」のしくみについて

制度

障害者等用駐車スペースにおける取り組み

 国土交通省は、様々な障害のある人などに利用しやすい駐車場づくりの取り組みを紹介するなど、障害者等用駐車場の適正利用のための情報発信を行っています。

 駐車場の障害者等用駐車スペースにおいては、障害のない人が駐車しているために、障害者が駐車できないなどの問題・課題が挙げられています。また、車の乗降に広いスペースを必要とする車 ... >>続きを読む

聴覚障害の就職支援・キャリア形成支援について

採用・就職

改正障害者雇用促進法の施行に向けて

障害者を支援する改正障害者雇用促進法及び障害者差別解消法が、2016年から施行されます。

この改正等の施行に向けて独立行政法人 日本学生支援機構では、聴覚障害のある学生が大学生活で学んだことを、職場や社会で活かすためにはエンパワーメントの視点を考慮した就職支援・キャリア支援が不可欠であると捉えた様々な支援活動を行っていま ... >>続きを読む

障害者の運転免許取得について

制度

障害者の運転免許取得の流れ

 障害者が運転免許を取得するには、基本的には健常者と同様の流れになりますが、教習所に入所する前に運転免許試験場又は運転免許センターで適性相談・検査を受けなければなりません。障害者自身がどのような自動車を運転できるのかなど公的審査が必要になります。

 運転免許試験場や運転免許センターによる公的審査では、無条件適格・条件付適格・不適格の3通 ... >>続きを読む