「東京ジョブコーチ」第7期の募集|サーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

「東京ジョブコーチ」第7期の募集

制度

東京都独自の「東京ジョブコーチ」

 公益財団法人東京しごと財団は、障害者の職場定着を目的として、企業と障害者へのさまざまな支援を東京都の補助を受けて実施しています。この支援制度は、東京都独自のジョブコーチで、名称を「東京ジョブコーチ」として行われています。

 主な支援内容をみると、作業適応支援、通勤支援、職場内の環境整備・現場でのコミュニケーション支援等です。年間240日(20日/月 程度)の支援を最大としています。

 この「東京ジョブコーチ」支援は、東京ジョブコーチの方々から、支援可能日を毎月申請していただき、支援内容等をふまえて「東京ジョブコーチ支援室」から支援依頼する仕組みになっています。

「東京ジョブコーチ」第7期の応募要件

 東京ジョブコーチの応募要件として、4つの項目に該当する方を対象としています。
(1)「研修等への参加」として、12日間程度(6月下旬~7月上旬頃予定)の養成研修、2日間程度の継続研修、2日間程度の能力向上研修、東京しごと財団が実施する面談への参加が要件となっています。

(2)「支援」として、東京ジョブコーチとしての支援が、毎月10日以上可能であり、原則として1年以上継続できる方が対象です。

(3)「経験等」として、障害者就労支援に係る業務を1年以上行った経験のある方。なお、障害者就労支援に係る業務とは、医療・保健・福祉・教育機関・障害者団体・障害者雇用事業所等において、「職業指導・作業指導」、「社会復帰・職場復帰等の支援」、「障害者の雇用管理に関する業務」のいずれかの障害者就労支援に係る業務を経験している方が対象です。

(4)「現在の雇用状況」として、現職において国及び地方公共団体からの人件費補助の対象となっていない方としています。

 このような支援活動が継続的に行われることは、障害者の就労支援、雇用支援の充実を図るうえで、とても大切な取り組みといえます。

同じカテゴリーの記事

記事一覧