「みえ障がい者共生社会づくりプラン」|サーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

「みえ障がい者共生社会づくりプラン」

制度

三重県「障がい者施策」の計画策定

 三重県は平成27年度から平成29年度までの3年間を計画期間とする「みえ障がい者共生社会づくりプラン」を3月に策定しました。

 このプランは、「障害者基本法」に基づく「都道府県障害計画」および「障害者総合支援法」に基づく「都道府県障害福祉計画」として策定されました。平成24年度から平成26年度の「みえ障がい者共生社会づくりプラン」を検証するとともに、新たな課題や障害者施策を取り巻く環境の変化をふまえて総合的・計画的な障害者施策を展開するために策定されたプランです。

 「障がいの有無によって分け隔てられることなく、お互いに人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現」を基本理念として、5つの「障がい者施策の基本原則」を定めています。基本原則は、(1)障がい者の自己決定の尊重および自己決定のために必要な支援 (2)障がい者本位の途切れない支援 (3)障がいの状況に応じた支援 (4)社会的障壁の除去 (5)総合的かつ計画的な取組の推進 となっています。

同プランの雇用に関する取り組み

 同プランの重点的取り組みとしている「障がい者雇用に関する取組」をみると、(1)就労に向けた支援 (2)福祉施設から一般施設への移行に向けた支援 (3)雇用の場の拡大 の3つを挙げています。

 就労に向けた支援では、障がい者の就労に向けて、就職に向けた準備、求職活動、就労定着などの段階に応じ、個人の適性に応じた支援に取り組みます。主な事業として、職業訓練、特別支援学校における提案型の職場開拓等による就労に向けた支援などを挙げています。

 福祉施設から一般施設への移行に向けた支援では、障害者就業・生活支援センターの機能強化を図るとともに、共同受注窓口や県における優先調達の拡大等による工賃向上に取り組みます。

 雇用の場の拡大では、ステップアップカフェを活用した障がい者雇用に対する企業への理解促進および新たな雇用の場の開拓などにより、障がい者の適性に応じた職場や職域の拡大に取り組みます。

 このような重点的取り組みを実現していくことが、障害者の就労支援や雇用拡大につながるとともに、共生社会づくりを加速させることになるでしょう。

同じカテゴリーの記事

記事一覧