障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

厚生労働省

2015年度 障害者の職業紹介状況について

採用・就職

ハローワークを通じた障害者の就職件数が7年連続で増加

 厚生労働省が発表した「2015年度 障害者の職業紹介状況等」によると、ハローワークを通じた障害者の就職件数は7年連続で増加しました。

 2015年度の障害者の就職件数は、2014年度の8万4602件から大きく伸びて前年度6.6%増の9万191件でした。就職率も48.2%で前年度の47.2%から1%上昇していま ... >>続きを読む

厚生労働省が「第10次職業能力開発基本計画」を策定

制度

「生産性向上に向けた人材育成戦略」として

 厚生労働省は、職業能力開発施策の今後の方向性を示した「第10次職業能力開発基本計画」を策定しました。この計画は、人口減少社会、グルーバル化の進展、AI、ビックデータ解析などの技術進歩を背景とした就業環境やビジネス環境の変化に対応すべく、「生産性向上に向けた人材育成戦略」という役割を有しています。

 同計画は、主に4つのポ ... >>続きを読む

全国就労移行支援事業連絡協議会の活動について

制度

「就労移行支援」を提供する就労移行支援事業所の動き

 就労移行支援事業所は、障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスのひとつである就労移行支援を提供する施設として全国各地に設置されています。

 就労移行支援事業所では、働くために必要な知識や能力を身につける職業訓練や実習、また就職後には職場定着支援を行います。職業訓練および実習の内容は事業所ごとに異なりますが、 ... >>続きを読む

きょうされん主催「第7回つながり映画祭」

制度

映画を通して、障害者への理解を深める機会を創出

 社会福祉法人きょうされんが主催する「第7回つながり映画祭」が、厚生労働省や日本障害者リハビリテーション協会の後援のもと、「障害者週間」期間中である12月4日から6日までの3日間、東京・渋谷で開催されました。

 2015年の開催で7回目を迎えた同映画祭は、障害をテーマにした作品の上映を通して、来場者が障害のある方への ... >>続きを読む

第52回発達障害福祉月間の取り組み

制度

 発達障害への理解を深めるセミナーを開催

 毎年9月は、「障害者雇用支援月間」であると共に、「発達障害福祉月間」でもあります。公益社団法人日本発達障害連盟では、発達障害への関心と正しい理解を深めることを目的としたセミナーおよびワークショップを、厚生労働省の後援のもと開催しています。

 同法人のホームページによると、52回目の今回は、『ラブ&ピース。災害に備えて絆を ... >>続きを読む

東京しごと財団の平成27年度「障害者委託訓練事業」について

制度

仕事上で役立つ知識・技能の習得を図る

 公益財団法人東京しごと財団は、ハローワークと連携して障害者のための「障害者委託訓練事業」に取り組んでいます。

 この事業は、障害者が仕事をする上で、役立つ知識や技能を身につけることを目的としており、企業をはじめ民間教育機関、社会福祉法人、NPO法人等、さまざまな機関に訓練を委託・実施している事業です。

 東京しご ... >>続きを読む

日本障がい者スポーツ協会が主催する陸上競技大会

制度

2015ジャパンパラ陸上競技大会の開催について

 公益財団法人日本障がい者スポーツ協会の内部組織である日本パラリンピック委員会(IPC)が主催となり、2015年9月19日・20日の両日、「2015ジャパンパラ陸上競技大会」が大阪で開催されました。

 同大会は、「障がい者の陸上競技の競技力向上を図るため、国際規則に則った高いレベルの競技会を開催し、国内の陸上競技への ... >>続きを読む

障害者職場復帰支援助成金について

制度

障害者の職場復帰を促進する制度

 「障害者職場復帰支援助成金」は、「重度中途障害者等職場適応助成金」(2015年4月に終了)に代わり2015年4月に新設された、支援制度です。

 厚生労働省のホームページによると、本制度は「事故や難病の発症等による中途障害等により、長期の休職を余儀なくされた労働者に対して、職場復帰のために必要な職場適応の措置を実施した事業主に対して ... >>続きを読む

障害者自立支援機器「シーズ・ニーズ マッチング交流会」

制度

公益財団法人テクノエイド協会の取り組み

 厚生労働省の「障害者自立支援機器等開発促進事業」の一般公開として、公益財団法人テクノエイド協会が主催した障害者自立支援機器「シーズ・ニーズ マッチング交流会」が3月に東京・有明で開催されました。

 この交流会は、障害者のニーズをより的確に捉えた支援機器開発の機会を創出することを目的としています。開発や改良等行う機器の展示を ... >>続きを読む

障害者自立支援機器等開発促進事業 

制度

厚生労働省の障害者自立支援のための助成制度

 障害者のための支援機器や技術開発の促進を図ることは、障害者の自立や社会参加を支援することにつながります。しかし現状では、障害者自立を支援する機器の開発はそれほど進んでいないといわれています。

 このような状況に対して厚生労働省は、障害当事者によるモニター評価等を義務付けた実証実験等を行い、実際に使用しやすく適切な価格で ... >>続きを読む