障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

課題

高齢・障害・求職者雇用支援機構が行う「平成29年度障害者雇用職場改善好事例募集」

採用・就職

障害者雇用のモデルとなる好事例を募集

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では障害者雇用において雇用管理、雇用環境等を改善・工夫し、様々な取り組みを行う事業所の中から、他の事業所のモデルとなる好事例を募集しています。これは、好事例を広く一般に周知することで、事業所における障害者の雇用促進と職域の拡大、職場定着の促進を図るとともに、事業主の自主的な取り組みの支援と障害者雇 ... >>続きを読む

経済産業省が開催する「ダイバーシティ経営戦略『MeetUP!』」

制度

CSRの観点からも重要なダイバーシティ(多様性)への取り組み

経済産業省では、2012年から「ダイバーシティ経営によって企業価値向上を果たした企業」を表彰する事業として「ダイバーシティ経営企業100選」(経済産業大臣表彰)を行っています。

これは、女性、高齢者、障害者、外国人など多様な人材を活かし、その能力を最大限に発揮できる機会を提供することで、イノベーションを ... >>続きを読む

厚生労働省の「特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)」

制度

2017年4月に名称変更された「特定求職者雇用開発助成金」

厚生労働省では2017年4月1日に、「特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)」から「>>続きを読む

厚生労働省の「障害者優先調達推進法に基づく国等による障害者就労施設等からの調達実績(平成27年度)」

制度

2015年度の調達実績の合計は対前年度比で増加

厚生労働省では毎年、障害者優先調達推進法に基づいて国等による障害者就労施設等からの調達実績を取りまとめ、公表しています。

同省のホームページには2016年12月6日に「 ... >>続きを読む

内閣府の「障害を理由とする差別の解消に向けた地域フォーラム」

制度

地方自治体との共同開催による地域フォーラム

 内閣府は地方自治体と連携して、「障害を理由とする差別の解消に向けた地域フォーラム」を開催しています。

 同フォーラムは、2016年4月に施行された「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」に対する取り組みとして、地方自治体と連携し、学識経験者、障害当事者、事業者等によるパネルディスカッションな ... >>続きを読む

「大学、短期大学及び高等専門学校における障害のある学生の就学支援に関する実態調査」について

制度

障害のある学生の就学支援に関する実態調査

 2016年4月の障害者差別解消法の施行を受けて、全国の大学等では、障害のある学生支援の体制作りが進められています。独立行政法人日本学生支援機構では、「障害のある学生の就学支援に関する実態調査」を毎年行っています。

 同ホームページによると、「平成27年度障害のある学生の就学支援に関する実態調査結果報告書」について、201 ... >>続きを読む

障害者の雇用改善につながる「雇用環境の改善」に向けた取り組みについて

制度

2016年度地域別最低賃金の改定について

 現在、「働き方改革」が政府方針で進められるなど、雇用環境、労働環境の改善に向けた取り組みが行われています。厚生労働省の発表によると、2016年度の地域別最低賃金が改訂されました。同ホームページには、各都道府県で10月より発効される2016年度の地域別最低賃金改定状況の一覧が掲載されています。(2016年9月23日現在)

... >>続きを読む