障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

課題

第3回国連防災世界会議で「障害者と防災」に焦点

制度

障害者が参加できる防災対策を新たな国際防災の枠組みに採択

 3月14日から18日まで宮城県仙台市で開催された「第3回 国連防災世界会議」は、国連主催の本体会議に世界187カ国から約6,500人、パブリックフォーラムに延べ156,082人が参加し、国内でも過去最大規模の国際会議となりました。

 本体会議の中で、初めて防災という課題に対して「障害者と防災」に焦点が当て ... >>続きを読む

障害者とフリークライミング

制度

特徴あるNPOモンキーマジックの障害者支援活動

 フリークライミングというスポーツを通して、「視覚障害者をはじめとする人々の可能性を大きく広げること」を目的として、ノーマライゼーションの社会をめざしているのが東京都武蔵野市にあるNPO法人モンキーマジックです。

 一般的にはまだメジャーなスポーツとはいえないフリークライミング。健常者でも挑戦するにはハードなスポーツ ... >>続きを読む

高齢・障害・求職者雇用支援機構の障害者雇用事例リファレンスサービスについて

制度

充実した検索機能で雇用事例が調べられる

 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構では、障害者雇用について様々な取り組みを行う全国の事業所を多数取材し、その内容をデータベースに蓄積、一般公開しています。それが「障害者雇用事例リファレンスサービス」です。

 同独立行政法人のホームページ内にある障害者雇用支援ページのコンテンツのひとつである「障害者雇用事例リファレ ... >>続きを読む

東京しごと財団の「障害者雇用支援アドバイザー」派遣サービス

制度

障害者の職場体験実習を推進するためのサービス

 障害者のための幅広い就業支援事業を展開している公益財団法人東京しごと財団では、障害のある方の就労を支援するために障害者雇用支援アドバイザーを無料で派遣するサービスを行っています。

 このサービスは、障害のある人を実習生として受け入れ、職場体験ができる企業に対して、障害者雇用支援アドバイザーを無料で派遣し、実習生受け入 ... >>続きを読む

障害学生の支援のあり方を検討する「全国高等教育障害学生支援協議会」

制度

目的は大学における障害学生支援の充実

 2014年10月に一般社団法人全国高等教育障害学生支援協議会が設立されました。この全国高等教育障害学生支援協議会の設立には、全国の大学42校が発起校となっています。

 同協議会設立の目的は、高等教育機関における障害学生支援に関する相互の連携・協力体制の確保をはじめ、実践交流を促進、障害学生支援に関する調査・研究及び研修・啓発 ... >>続きを読む

第22回職業リハビリテーション研究・実践発表会

制度

職業リハビリテーションの研究成果を発信

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構「障害者職業総合センター」は、「職業リハビリテーション研究・実践発表会」を毎年開催しています。職業リハビリテーションの研究成果を関係機関などに広く周知するとともに、参加者の意見交換や経験の交流の場として開催されています。

 同発表会は、障害者職業総合センターや障害者職業センター ... >>続きを読む

文科省がパラリンピックを見据えた「マルチサポート事業」を実施

制度

パラリンピックの14競技をサポート

 文部科学省では、トップレベルのアスリート(競技者)が世界の競合国に競り勝ち、メダルを獲得できるように、各分野で専門的かつ高度な支援を行っています。情報戦略、スポーツ科学、医学、心理学、生理学および栄養学などの複合的・分野横断的アプローチに基づくアスリート支援と、特化したアプローチに基づく研究開発プロジェクトを連携させ、実施しています。>>続きを読む

職場介助者や手話通訳者などの委嘱助成金制度

制度

障害者介助等助成金の種類

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では、事業主が施設・設備の整備や適切な雇用管理など、特別な措置をしなければ障害者の新規雇用、雇用継続が困難である場合、障害者雇用納付金制度に基づき助成金を支給しています。

 助成金には「重度中途障害者等職場適応助成金」「職場介助者の配置または委嘱助成金」「職場介助者の配置または委嘱の継続措置に係 ... >>続きを読む

障害者雇用における公的機関の情報発信について

採用・就職

東京都と東京しごと財団の取り組み

 東京都と東京しごと財団は、「障害者雇用支援月間」の9月に、障害者の就業状況や企業、特例子会社、就労支援機関、行政の取り組みなどを紹介する「パネル展」や「シンポジウム」などを開催しました。

 「シンポジウム」は、「東京の障害者就労を考える」をテーマに、東京しごとセンター(千代田区飯田橋3-10-3)地下講堂で開催されました。

>>続きを読む

発達障害の子どもを支援する「発達障害教育情報センター」

制度

情報提供や理解啓発、調査研究を行う

 国立特別支援教育総合研究所の発達障害教育情報センターは、発達障害のある子どもの教育の推進・充実に向けて、発達障害にかかわる教員や保護者などの関係者に対する支援を図ることを目的に設立されました。広く国民の理解を得るために、情報提供や理解啓発、調査研究などを行っています。

 同センターのホームページでは、発達障害に関する基本知識を ... >>続きを読む