障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

神奈川

障害者の“はたらく・くらす”をサポートする「障害者支援センター ぽけっと」の取り組みについて

制度

働きたいを応援する「ぽけっと」の活動

 障害者の「はたらく・くらす」を支援することを目的に、就職や職場での悩みなどの相談をはじめ企業の障害者雇用の相談など、障害者の仕事や生活を支援する活動を行っている「障害者支援センター ぽけっと」。国・県の事業である障害者就業・生活支援センター、および神奈川県が全国に先駆けてスタートさせた地域就労援助センターの事業として運営されており、小田 ... >>続きを読む

国立障害者リハビリテーションセンターが行う「職員交流研修会」

制度

国立障害者リハビリテーションセンターの取り組み

2015年2月、国立障害者リハビリテーションセンターでは、関東地区にある指定障害者支援施設の「職員交流研修会」(出典:国立障害者リハビリテーションセ ... >>続きを読む

国際障害者交流センターの取り組み

制度

ビッグ・アイ アートプロジェクト 入選作品展

 障害者の「完全参加と平等」の実現を図るシンボル的な施設として設置された国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)は、障害者の芸術・文化活動を実践する場として、ビッグ・アイ アートプロジェクトに取り組んでいます。

 このアートプロジェクトは、世界各国・地域の障害者や関係機関との国際交流を促進するとともに、障害者自身が、芸術 ... >>続きを読む

「かながわ障害者雇用ハート企業」とは?

採用・就職

障害者雇用に取り組む中小企業を応援

 障害者雇用に取り組む中小企業を応援する取り組みとしで、神奈川県では「かながわ障害者雇用ハート企業」を公表して、その商品やサービス等を広く紹介しています。

 「かながわ障害者雇用ハート企業」とは、(1)企業全体の常用雇用労働者数が50人以上300人以下であること。(2)本社所在地集計の障害者雇用率が3.0%以上であること。(3) ... >>続きを読む

障害者の在宅就業支援「チャレンジホームオフィス」

採用・就職

在宅就業支援25団体の支援情報を掲載

 IT技術や情報インフラの整備により、職場環境や業務形態は急速に変化しています。その結果、障害者においても会社だけではなく自宅やその他の場所でも業務可能な環境になってきています。

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では、企業および障害者の方に、在宅での就業機会の促進を目的に、「チャレンジホームオフィス」と称した支援情 ... >>続きを読む

第3回国連防災世界会議で「障害者と防災」に焦点

制度

障害者が参加できる防災対策を新たな国際防災の枠組みに採択

 3月14日から18日まで宮城県仙台市で開催された「第3回 国連防災世界会議」は、国連主催の本体会議に世界187カ国から約6,500人、パブリックフォーラムに延べ156,082人が参加し、国内でも過去最大規模の国際会議となりました。

 本体会議の中で、初めて防災という課題に対して「障害者と防災」に焦点が当て ... >>続きを読む

第8回 国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰

制度

国土交通省分野におけるバリアフリー化への推進活動

 国土交通省は、平成18年12月に施行された「バリアフリー法」(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)の趣旨を踏まえて、公共交通機関、建築物、道路などのバリアフリー化を進めています。その取り組みを国民の意識啓発に一層努める活動の一環として、平成19年度から「国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰制度」を創設し ... >>続きを読む

「世界自閉症啓発デー in 横浜」

制度

「自閉症にやさしいまち、横浜」への取り組み

 「世界自閉症啓発デー」は、2007年12月に開催された国連総会でカタール国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」することが決議されたことから始まった活動です。

 日本においても、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめ発達障害についても広く啓発する活動が行われています。横浜市では「自 ... >>続きを読む

3種類の「障害者手帳」について

制度

「身体障害者手帳」「精神障害者保健福祉手帳」「療育手帳」

 「障害者手帳」は、地方自治体など公的機関から障害者として認定を受けると発行される「障害者を証明するための手帳」です。手帳を取得すると、公的機関などで優遇措置が受けられます。

 障害者を支援する制度として一般的に認知されている手帳には、「身体障害者手帳」「精神障害者保健福祉手帳」「療育手帳」の3種類がありま ... >>続きを読む

自治体における障害者採用状況

採用・就職

東京都の身体障害者職員採用状況

 現在、全国の地方自治体では、2014年度の障害者を対象とした職員採用選考試験が行われています。自治体によって、そのさまざまな職種で応募を受け付けています。

 東京都における2013年度の身体障害者採用の試験・選考実施状況をみてみると、選考区分・事務、採用予定人数25人に対して、申込者数は72人でした。1次選考の受験者数は63人 ... >>続きを読む

2 / 3123