第8回 国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰|サーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

第8回 国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰

制度

国土交通省分野におけるバリアフリー化への推進活動

 国土交通省は、平成18年12月に施行された「バリアフリー法」(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)の趣旨を踏まえて、公共交通機関、建築物、道路などのバリアフリー化を進めています。その取り組みを国民の意識啓発に一層努める活動の一環として、平成19年度から「国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰制度」を創設しています。

 この制度は、国土交通省分野においてバリアフリー化の推進に多大な貢献が認められた個人、団体等を表彰することで、バリアフリー化に関する優れた取り組みを社会に広く普及させると共に、このような活動を奨励することを目的としています。

民間企業、地方自治体、NPO法人など優れた活動を表彰

 第8回「国土交通省バリアフリー化推進功労大臣表彰」の受賞者は、千葉県・イオンモール株式会社、神奈川県・川崎市、兵庫県・姫路市、佐賀県・佐賀嬉野バリアフリーツアーセンター、沖縄県・NPO法人バリアフリーネットワーク会議でした。

 受賞事例をみると、イオンモール株式会社は『グループ全体で継続的に進めるユニバーサルデザインのスパイラルアップ』。川崎市は『ユニバーサルデザインに配慮した「人にやさしい」駅前広場の再整備』。姫路市は『国定指定を受けた城郭の保存修理観覧時を含むバリアフリー化』が評価されました。

 また、佐賀嬉野バリアフリーツアーセンターは『ハード・ソフト両面における温泉地のバリアフリー化』。NPO法人バリアフリーネットワーク会議は『空港を観光拠点とするユニバーサルツーリズムの多面的な活動』が評価されました。

 バリアフリー化の推進といっても、施設や設備などのハード面から支援活動などのソフト面まで幅広い取り組みが評価されていることが、受賞事例からもうかがえます。

同じカテゴリーの記事

記事一覧