障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

地方自治体

内閣府の「障害を理由とする差別の解消に向けた地域フォーラム」

制度

地方自治体との共同開催による地域フォーラム

 内閣府は地方自治体と連携して、「障害を理由とする差別の解消に向けた地域フォーラム」を開催しています。

 同フォーラムは、2016年4月に施行された「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」に対する取り組みとして、地方自治体と連携し、学識経験者、障害当事者、事業者等によるパネルディスカッションな ... >>続きを読む

新たな就労支援のカタチ「はたらくNIPPON!計画」の活動ついて

制度

日本財団「はたらくNIPPON!計画」の取り組み

 公益財団法人日本財団は、新たな就労支援の取り組みとして2015年4月から「はたらくNIPPON!計画」をスタートしています。「はたらくNIPPON!計画」は、「モデル構築プロジェクト」と「就労支援フォーラムNIPPON」の2つを柱に、障害者の「はたらく」を支援する活動です。

 1つ目の柱である「モデル構築プロジェ ... >>続きを読む

内閣府『平成28年度「心の輪を広げる体験作文」および「障害者週間のポスター」の募集』について

制度

「障害者週間」に向けた意識啓発の活動

 12月3日の「国際障害者デー」から12月9日までの一週間は「障害者週間」と位置付けられ、国・地方自治体をはじめとした各機関で、「共生社会の実現を目指して」様々な啓発活動が行われます。

 内閣府のホームページによると『平成28年度「心の輪を広げる体験作文」および「障害者週間のポスター」の募集』が7月1日から開始されました。>>続きを読む

「東京都障害者差別解消法ハンドブック」を作成

制度

みんなで支え合い、つながる社会をめざして

 東京都では、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)が2016年4月に施行されたことを踏まえて、職員の適切な対応に役立つように同法の趣旨や内容、日々の活動の中で配慮すべき事項などをわかりやすくまとめた「東京都障害者差別解消法ハンドブック~みんなで支え合い、つながる社会をめざして~」を作成しました。

... >>続きを読む

2015年度「障害者週間」の動き

制度

「障害者週間」に実施されるさまざまな活動

 内閣府では、「障害者週間」(2015年12月3日~9日)の前後を含む期間中に、障害や障害のある人に関する国民の関心と理解を深めること、さらに障害のある人の社会参加を促進することを目的にさまざまな活動を実施しました。

 国主催の行事として、12月3日には「障害者フォーラム2015」が開催され、障害者差別解消法に関するパネル ... >>続きを読む

就労支援フォーラムNIPPON2015

制度

日本財団の障害者就労支援の一環として

 12月5日・6日に開催された「就労支援フォーラム NIPPON 2015」は、公益財団法人日本財団が主催する、全国の障害者就労支援事業所および障害者支援従事者を対象とした日本最大級の就労支援フォーラムです。

 2014年12月に開催された第1回フォーラムには、初開催にもかかわらず1200名以上が参加しました。

  ... >>続きを読む

あいち発達障害者支援センターの取り組みについて

制度

安心して暮らせる支援体制の整備をめざして

 愛知県が実施主体の「あいち発達障害者支援センター」は、発達障害のある方とその家族が、地域で安心して暮らせる支援体制の整備をめざし、さまざまな活動を行っています。

まず、電話やメール、FAXなどによる相談を受け付けています。予約制の来所相談では、本人との面接、行動観察や検査を用いた発達のアセスメント等に基づいた発達支援を行 ... >>続きを読む

神奈川県内の障害福祉サービス総合情報サイトについて

制度

「障害福祉情報サービスかながわ」

 神奈川県が委託し、現在は県、政令・中核市の協働で運用される「障害福祉情報サービスかながわ」は、県内の障害福祉サービスを紹介する総合情報サイトです。

 トップページでは、自治体から福祉に関するタイムリーなお知らせや障害福祉関連団体の情報などが発信されています。

 メインコンテンツの、「障害福祉サービスガイド」では障害者 ... >>続きを読む

障害者や高齢者の地域生活を応援する福祉車両への取り組み

制度

日本財団の「福祉車両配備」の事業活動について

 日本財団では様々なプロジェクトを行っています。その中の1つに、障害者や高齢者の地域生活を応援するための車両である福祉車両の配備事業を実施する「福祉車両配備」プロジェクトがあります。

 同プロジェクトは、1994年、移送サービス活動を行う任意団体に車いす対応の福祉車両を寄贈することから始まりました。以来、時代ごとの社会 ... >>続きを読む

社会就労センターの連携による事業への取り組み

採用・就職

日本セルプセンターの活動について

 特定非営利活動法人日本セルプセンターは、全国社会就労センター協議会と連携し、全国の社会就労センターのための共同作業として、共同受注の斡旋、障害者等による生産製品の販売等を実施しています。また、広く一般の人々に社会就労センターの存在を浸透させ、社会就労センターや障害者等の社会就労活動への支援を拡大していくことを目的とした活動を行っています。< ... >>続きを読む