障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

大学

障害者インターンシップの現状

制度

障害者インターンシップの形態

 在学中の学生が企業などで就業体験を一定期間行う制度、インターンシップ。近年は、障害学生を対象としたものも実施されています。

 形態を大きく分類すると、比較的に気軽な参加が可能である大人数制の見学・体験タイプや講義タイプ、1週間程度の参加で企業の事業に関わるプロジェクトタイプ。1カ月~1年間と長期にわたり、社員と同じ業務を任される実践 ... >>続きを読む

高等教育機関での支援障害学生数は増加

制度

障害学生の半数以上が学校に支援を依頼

 2014年度の「大学、短期大学及び高等専門学校における障害のある学生の修学支援に関する実態調査結果報告書」(独立行政法人日本学生支援機構)によると、障害学生は14,127人のうち、学校から何らかの支援を受けている「支援障害学生」の総数は7,482人でした。前年度の7,046人よりも436人増えています。

 これを学校別にみる ... >>続きを読む

景気回復の影響などで、今春新卒者の内定率が改善

採用・就職

新卒者の内定率は3年連続で改善

 今春に卒業した大学生は4月を迎え、社会人として新しいスタートを切りました。新社会人の内定率は、景気回復で企業の採用意欲が高まった影響などにより、3年連続で改善されました。

 厚生労働省と文部科学省が共同で調査した結果によると、2014年2月1日現在の内定率は、前年同期比で1.2ポイント増の82.9%でした。リーマン・ショック前の水 ... >>続きを読む

前年度よりも2.1%増加した障害学生の在籍校数

制度

障害学生が在籍する高等教育機関は70.3%%

 2014年度の「大学、短期大学及び高等専門学校における障害のある学生の修学支援に関する実態調査結果報告書」(独立行政法人日本学生支援機構)によると、障害学生が在籍している学校は833校で、前年度より22校増加しています。全学校1,185校に占める障害学生在籍校の割合は70.3%となりました。これは前年度の68.2%よりも2.1ポ ... >>続きを読む

視覚障害のある学生に対する修学のための支援策

制度

教材の拡大や試験時間延長などで配慮する学校

 大学、短期大学、高等専門学校が視覚障害のある学生に対して、どのような授業支援を行っているのか、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)の「大学、短期大学及び高等専門学校における障害のある学生の修学支援に関する実態調査結果報告書」(2014年度版)からみえてきます。

 まず、大学、短期大学、高等専門学校全体での集計で実 ... >>続きを読む

障害学生支援のための校内体制と具体的な取り組み

制度

障害学生に対して約7割の学校が組織的支援を行う

 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)の「大学、短期大学及び高等専門学校における障害のある学生の修学支援に関する実態調査結果報告書」(2014年度版)の中には、障害学生に対する学校の支援体制や具体的な取り組みに対するアンケート結果が掲載されています。

 障害学生を支援するために特別な委員会を設置する学校は、全回 ... >>続きを読む

高等教育機関で増える障害学生数

制度

前年度よりも増えた障害学生の総数

 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)の「大学、短期大学及び高等専門学校における障害のある学生の修学支援に関する実態調査」によれば、2014年度の障害のある学生総数は1万4127人で、前回調査の2013年度よりも678人増加しました。

 全学生に占める割合は0.44%で、前年度の0.42%と同程度の数値です。在籍者がもっとも ... >>続きを読む

障害学生に対する修学のための配慮

制度

聴覚障害学生にはノートテイクや教室内座席配慮で対応

 大学、短期大学部、高等専門学校が聴覚・言語障害のある学生に対して、どのような授業支援を行っているか、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)の「大学、短期大学及び高等専門学校における障害のある学生の修学支援に関する実態調査結果報告書」(2014年度版)からわかります。

 すべての学校の集計でトップは「ノートテ ... >>続きを読む

奨学金制度における障害学生に対する様々な配慮

制度

意欲あふれる障害学生の経済的自立を支援

 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)は、次代の社会を担う豊かな人間性を備えた創造力あふれる人材育成や国際相互理解の増進に寄与するために設立されました。主に「奨学金貸与事業」「留学生支援事業」「学生生活支援事業」の三つの事業を行っています。

 同機構では障害学生の修学支援のために様々な活動を行っています。奨学金貸与事業 ... >>続きを読む

高等学校機関における障害学生の現状

制度

高等学校機関に在籍する障害学生は前年より1532人増加

 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)が2005年度より実施している大学、短期大学、高等専門学校における「障害のある学生の修学支援に関する実態調査」によれば、2012年度の障害学生数は1万1768人で、2011年度より1532人増加しています。

 障害種別にみると、視覚障害694人(2011年度から13 ... >>続きを読む

3 / 512345