障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

ユニバーサルデザイン

羽田空港ターミナルのバリアフリーへの取り組み

制度

バリアフリー施設と細やかなサポート体制が魅力

 多くの人が利用する空港は、公共交通施設の中でも重要な施設の一つです。全国の空港の中でも多くの人が利用する羽田空港の旅客ターミナルビルでは、バリアフリー新法のもと、ユニバーサルデザインの考え方に即したターミナルづくりに取り組み、身体障害者や高齢者などサポートを必要とする利用者に対して様々なサービスや配慮を実践しています。

< ... >>続きを読む

障害者の情報アクセシビリティを向上するための施策について

制度

障害者白書からみえてくる障害者の情報アクセシビリティ施策

 障害者白書は、障害者のために講じた施策の概況について毎年発表されています。障害者施策の展開や障害者の状況などについての記載や「住みよい環境の基盤づくり」についても触れています。

 障害者が住みやすいまちづくりへの施策を紹介すると共に、障害のある人の情報アクセシビリティを向上させる施策についても言及されてい ... >>続きを読む

平成26年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰式が開催

制度

視覚障害者が展示物を楽しめる工夫を施した方法を開発

 バリアフリー・ユニバーサルデザインの優れた取り組みに対して表彰を行うことで、施設整備や製品開発などの活動を広く促進し普及させるという目的の「バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰」。13回目となる平成26年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰式が、平成26年12月17日に行われました。

... >>続きを読む

地方自治体が積極的に進める障害者に対する配慮マニュアル

制度

障害者向けの配慮マニュアル一覧がわかる内閣府ホームページ

 内閣府は障害者施策に関する企画・立案や総合調整を担う官庁として施策全体の具体的な計画を定め、この計画に基づき関係各庁が地方自治体と連携しながら様々な施策を進めています。そんな施策の一つが「障害者に対する配慮マニュアルの作成」です。

 この障害者に対する配慮マニュアルは、各都道府県が以前から進めているもので ... >>続きを読む

日本財団の海外での障害者支援活動

制度

途上国の障害者支援を積極的に展開する日本財団

 世界には地球規模の環境問題や資源問題、食糧問題など1国だけでは解決できない問題がたくさんあります。日本財団は世界117の国々で社会貢献活動を行ってきた実績のある団体ですが、世界に広がる独自のネットワークを活かして、海外においても様々な障害者支援を行っています。

 WHO(世界保健機構)の推計によると、世界の全人口の約 ... >>続きを読む

障害者の芸術や文化・国際交流を推進する「ビッグ・アイ」

制度

障害者のアート活動の拠点としてオープン

 最近「障害者が手がけるアート」が注目されるケースが増えています。厚生労働省やNPO法人などによる障害者のアートを支援する活動が増加し、様々な場所で障害者のアートを紹介するイベントも開催されています。

大阪府堺市にある「ビッグ・アイ」は、そんな障害者のアート作品をはじめ、障害者に関連した各種イベントを開催している施設として知 ... >>続きを読む

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて

制度

東京メトロ“魅力発信”プロジェクト

 東京メトロでは、2020年東京オリンピック・パラリンピック向けて「東京メトロ“魅力発信”プロジェクト」を策定しました。

 同プロジェクトは、これまで東京メトロが計画していた施策に加え、施策の前倒しや新規施策の追加も合わせて、オリンピック・パラリンピックの開催後も見据えたプロジェクトです。

 これは「沿線地域との連携 ... >>続きを読む

文科省がパラリンピックを見据えた「マルチサポート事業」を実施

制度

パラリンピックの14競技をサポート

 文部科学省では、トップレベルのアスリート(競技者)が世界の競合国に競り勝ち、メダルを獲得できるように、各分野で専門的かつ高度な支援を行っています。情報戦略、スポーツ科学、医学、心理学、生理学および栄養学などの複合的・分野横断的アプローチに基づくアスリート支援と、特化したアプローチに基づく研究開発プロジェクトを連携させ、実施しています。>>続きを読む

第3次障害者基本計画における自立支援推進の取り組み

制度

2017年度までの基本的な施策の方向性を示す

 障害者基本計画は障害者基本法に基づき、障害者の自立や社会参加を支援するための基本的な施策として策定されました。法改正に伴い、数度の検討、見直しがされてきました。

 そして2011年の法改正を踏まえ、2013年度から2017年度までの概ね5年間の計画として見直されたのが、第3次障害者基本計画です。本計画では障害者の自己 ... >>続きを読む

様々な種類がある障害者に関するマーク

制度

障害者が利用できる施設や車に表示される各種マーク

 街では様々な障害者に関するマークを見かけることができます。例えば、障害者が利用できる建物・施設であることを明確に表すための世界共通のシンボルマークがあります。ブルーの地色に車いすのようなイラストが白で描かれたものです。このマークは車いす利用者のみを対象にしたものではなく、すべての障害者を対象にしています。

 また ... >>続きを読む