視覚障害者向けのラジオ放送|サーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

視覚障害者向けのラジオ放送

制度

視覚障害者向けのラジオ番組を提供するJBS日本福祉放送

 社会福祉法人視覚障害者文化振興協会は、日本で唯一の視覚障害者向け専用ラジオ放送「JBS日本福祉放送」を運営しています。同放送は1988年に開始され、25年以上にわたって視覚障害者の生活に不可欠な、貴重な情報を提供し続けています。

 JBS日本福祉放送では、毎日複数の全国紙に掲載された記事を生放送で音訳する「今日の新聞」(朝刊・夕刊)をはじめ、教育、トーク、小説などの朗読、情報、音楽など多彩な番組を放送しています。

視聴するには申し込みが必要

 JBSの放送を聞くためには、ケーブル・ラジオ・システム(USEN)、インターネットラジオ、CS衛星放送、各地域のケーブル・テレビ・FM放送など様々な方法があります。ケーブル・ラジオ・システムなどは受信機器のリース代などの初期費用や月々の基本料金が発生します。また、その他の利用についても月々の利用料金等が発生するため、まずはJBSへの問い合わせが必要です。

 また、JBS日本福祉放送は寄付や募金等で運営しているために、随時、サポートしてくれる企業や団体を募集しています。

同じカテゴリーの記事

記事一覧