障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

設備

様々な種類がある障害者に関するマーク

制度

障害者が利用できる施設や車に表示される各種マーク

 街では様々な障害者に関するマークを見かけることができます。例えば、障害者が利用できる建物・施設であることを明確に表すための世界共通のシンボルマークがあります。ブルーの地色に車いすのようなイラストが白で描かれたものです。このマークは車いす利用者のみを対象にしたものではなく、すべての障害者を対象にしています。

 また ... >>続きを読む

障害者の就労を支援する機器の無料貸し出し

制度

障害別に支援機器を紹介

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では、事業主に対して障害者の就労を支援するための機器を一定期間、無料で貸し出すサービスを行っています。

 同行政法人のホームページには、視覚・聴覚・上肢・下肢・知的・高次脳機能・発達の障害別に、どんな支援機器があるかを紹介しています。それぞれ使い方などを詳しく紹介し、貸し出しの対象となる事業主、事 ... >>続きを読む

大阪市営地下鉄のバリアフリー情報を掲載するルート案内

制度

地下鉄利用時に便利なルート案内

 大阪市交通局では、2011年に「市営交通バリアフリー化推進指針」を策定し、人にやさしい街づくりを推進しています。その取り組みのひとつがバリアフリー情報の提供です。その一環として大阪市役所交通局のホームページでは「ワンルートの案内」を公開しています。

 これは、大阪市内の地下鉄ホーム階から地上に出るためのエレベーターワンルートを案内 ... >>続きを読む

視覚障害者の読書活動に貢献する日本点字図書館

制度

長い年月をかけて点字図書や録音図書を充実させる

 視覚障害者にとって重要なコミュニケーション手段となる点字。公共施設の案内表示などで設置されているのをみかけると思います。しかし、点字図書や録音図書が利用できる環境はまだまだ少ないのが現状のようです。

 そんな状況にあって、視覚障害者が読書を楽しめるように各種サービスを行うのが東京都新宿区にある社会福祉法人日本点字図 ... >>続きを読む

支援障害学生が在籍する学校も前年度よりも増加

制度

前年度よりも増加した支援障害学生在籍校数

「独立行政法人日本学生支援機構」の「平成26年度(2014年度)大学、短期大学及び高等専門学校における障害のある学生の修学支援に関する実態調査結果報告書」によると、支援障害学生が在籍する学校は664校に上り、前年度の657校よりも7校増加しています。

 全学校に占める支援障害学生在籍学校は55.8%で、前年度の54.9%よ ... >>続きを読む

交通機関のバリアフリーへの取り組み

制度

交通情報を有効活用した就職活動

「東京都障害者IT地域支援センター」のホームページには、障害者に役立つ「やくだち情報」として、「都内交通情報・バリアフリーマップ」というコンテンツがあります。
ここは、都営地下鉄や都バスの情報が得られる東京都交通局や、車いすでの駅利用情報を掲載している「らくらくおでかけネット」などのサイトとリンクしており、東京各所の交通・バリアフリ ... >>続きを読む

ブラインドサッカー世界選手権2014が東京で開催

制度

視覚障害者が活躍する「ブラインドサッカー」

 6月から7月にかけて、日本代表も出場したサッカーワールドカップがブラジルで開催されました。現地では連日のように熱戦が繰り広げられ、これまでと同様に全世界の人々が注目する大会となりました。

 障害者が行うサッカーといえば、パラリンピックの正式種目としても採用されているブラインドサッカーが有名です。視覚障害者と健常者が同じ ... >>続きを読む

2016年から施行される、障害者差別解消法

制度

障害者差別解消法とはどんな法律なのか?

 2013年6月に、すべての国民が障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現につなげることを目的とした「障害者差別解消法」が成立され、2016年から施行されます。

 同法は主に、「国の行政機関や地方公共団体等及び民間事業者による『障害を理由とする差別』を禁止すること」、「差 ... >>続きを読む

世界自閉症啓発デー2014・シンポジウム開催

制度

毎年4月2日は世界自閉症啓発デー

「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)は、2007年12月に開催された国連総会において、カタール王国王妃の提案により毎年4月2日とすることが決議されました。

 4月2日には自閉症を理解してもらうためのさまざまなイベントが世界各国で開催されます。その中でも最も周知されているのが、世界各地のラン ... >>続きを読む

障害者のスポーツ普及を支える指導員制度

制度

日本障害者スポーツ協会が養成する指導員

 障害者のスポーツ振興における中心的な役割を担う日本障害者スポーツ協会は、1964年の東京パラリンピックを契機に厚生省(現厚生労働省)の認可を受け、翌年の1965年に設立されました。

 同年に開催された全国身体障害者スポーツ大会を契機に、厚生省が指導者講習会を日本障害者スポーツ協会に委託。1966年から同協会では、障害者へス ... >>続きを読む