障害者特別措置がある資格試験|サーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

障害者特別措置がある資格試験

制度

情報処理技術者試験の特別措置

 独立行政法人情報処理推進機構が実施する国家資格の「情報処理技術者試験」には、身体障害者特別措置があります。

 身体障害などの理由で特別措置を希望する場合は、願書の「身体障害者特別措置」欄に、障害の種類に該当する番号を記入して申請します。申請内容を審査のうえ、特別措置の可否が決定されます。障害の種類は、①肢体不自由、②聴覚障害、③視覚障害、④視覚障害(点字。試験区分は、IP:ITパスポート試験、FE:基本技術者試験、AP:応用技術者試験) ⑤1から4以外(骨折、妊婦など一般会場での受験が難しい場合を含む)となっています。

 願書と一緒に、①身体障害者特別措置確認票、②身体障害者手帳のコピーを同封して送付します。

情報処理技術者試験の主な特別措置

 身体障害者特別措置の主な内容は、時間延長、点字受験、拡大問題冊子、答案用紙の選択、機器(タイプライター、ワープロ)の持ち込み、試験室内の介助、付添者の入室、駐車場の用意(駐車場の有無は試験会場による)、その他(車いすの使用、筆談など)となっています。

資格取得は転職、就職に有利に働きます。障害者にとって、このような特別措置は資格取得の可能性を広げるうえでも、大いに活用すべき制度といえます。

同じカテゴリーの記事

記事一覧