都が運営する東京障害者職業能力開発校|サーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

都が運営する東京障害者職業能力開発校

採用・就職

職業的な自立、生活の安定と地位向上をめざして

 東京障害者職業能力開発校は職業能力開発促進法に基づき、国が設置し東京都が運営する施設です。障害者が就職に必要な知識、技能・技術を習得することで職業的に自立し、生活の安定と地位向上を図るために設立されました。

 同校では訓練内容ごとに、関連する科目をいくつかのグループ(職系)に分け、各職系ごとに生徒を募集しています。主な職系には情報系、ビジネス系、医療事務系、グラフィックメディア系、CAD系、ものづくり系などがあります。

 ほとんどが毎年4月入校ですが、職系によっては7月入校生、10月入校生を募集する場合もあります。また、対象とする障害内容、訓練期間も職系によって異なります。

入校にあたってのサポート

 入校後は職系ごとにさまざまな知識、技能を学び、資格取得をめざします。授業料は無料ですが、職系ごとに応募要件があり、それらを満たしてかつ選考に合格しないと入校できません。興味はあるけど校内をみてから考えたい方には、校内見学を実施しています。この校内見学は入校希望者だけでなく、障害者雇用を考えている企業の方、支援機関の方など、誰でも対象としています。

 また、通学が困難な方向けに、無料で利用できる寮が用意されています。その他、学校生活をサポートするために看護師が常駐する保健室の設置、生活指導相談員の設置など、学びやすい環境づくりを行っています。

同じカテゴリーの記事

記事一覧