転職活動の幅を広げる「非公開求人」という選択肢|サーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

東京しごと財団の「障害者雇用支援アドバイザー」派遣サービス

制度

障害者の職場体験実習を推進するためのサービス

 障害者のための幅広い就業支援事業を展開している公益財団法人東京しごと財団では、障害のある方の就労を支援するために障害者雇用支援アドバイザーを無料で派遣するサービスを行っています。

 このサービスは、障害のある人を実習生として受け入れ、職場体験ができる企業に対して、障害者雇用支援アドバイザーを無料で派遣し、実習生受け入れに必要なノウハウを提供するサービスを行うというものです。

障害者の職場体験実習を導入するためのステップ

 職場体験実習を利用したい企業は、いくつかのステップを踏むことで導入することが可能です。まず最初に、企業から東京しごと財団へ電話相談。「職場体験実習」の意義やメリットを説明したうえで、障害者ができる仕事があるか調査をするために企業を見学するとともに社員からのヒアリングを行います。その上で障害内容によってどんな仕事が可能なのかをアドバイザーが実務を体験して仕事の切り出し等を行い、スケジュールの作成や支援方法の提案などのアドバイスを受けて、職場体験実習を実施することができます。

 さらに障害者雇用支援アドバイザーの派遣時に、東京しごと財団職場体験実習受け入れ企業の登録をすると、同財団から「職場体験実習 仕事の切り出し虎の巻」のプレゼントもあります。

 こうしたサービスを受けることは、よりスムーズな障害者雇用につながると考えられます。

同じカテゴリーの記事

記事一覧