ファインプラザ大阪の活動について|サーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

ファインプラザ大阪の活動について

制度

スポーツ・文化・レクリエーションによる障害者支援

 ファインプラザ大阪(大阪府立障がい者交流センターの愛称)は、1981年の国際障害者年を契機として、スポーツ・文化・レクリエーションを通じて、障害者の自立と社会参加を促進することで、広く人々との交流を図るふれあいの場として1986年に設立された施設です。

 同施設では、気軽にスポーツを体験することができる「講習会」をはじめ、継続的にスポーツや文化活動に参加し、技術を習得するための「教室」、専門家による運動や健康などの「スポーツ相談」を実施しています。

 

気軽に参加ができるファインプラザ大阪の教室・講習

 まず、「体験する」をテーマにした教室・講習は、1~2回程度で、気軽にスポーツなどを体験できる催しが中心です。野外料理体験やカヌー体験、クルーザー遊覧など普段なかなか触れ合う機会がない自然の中での体験教室や、重度身体障害の方を対象とした個別水泳指導などを季節に応じて開催しています。

 「習得する」をテーマにした教室・講習は、3回以上継続して開催され、競技・技術等を習得することを目的としています。主なプログラムはダンス教室や水泳教室、障害者スポーツをサポートするための人材を育成する「サポーター講習会」などです。

 専門家にスポーツ・健康について「相談する」ことについては、ニーズに合わせた3つの相談会を受けることができます。現在は、「障がい者スポーツ指導員のスポーツ相談」「健康運動指導士のスポーツ相談」「理学療法士のスポーツ相談」を実施しています。

 また、ファインプラザ大阪と近隣施設との合同で、地域の人々に施設をより親しんでもらうことを目的とした「ファインエリアフェスティバル」を開催。この催しでは、障害者施設等の自主製品バザーや模擬店、音楽祭、文化教室の展示などが行われます。このように、同施設が中心となり、地域社会での障害者との『交流ふれあい』の場を創っています。

同じカテゴリーの記事

記事一覧