便利な携帯用のアプリケーション情報を発信|サーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

便利な携帯用のアプリケーション情報を発信

制度

障害者のリテラシーを高めるための情報支援

 障害者へのIT使用相談支援やIT支援者養成研修を行っている東京都障害者IT地域支援センターでは、障害者のリテラシーを向上するための情報提供に積極的に取り組んでいます。

 その一環として同センターホームページのコンテンツ「やくだち情報」では「Android携帯用・障害のある人に便利なアプリ一覧」として便利なアプリケーションを紹介しています。紹介するアプリ一覧は、同センターが当該製品だけを推奨しているということではなく、あくまで紹介製品の一例としています。

わかりやすい目的別カテゴリー一覧

 目的別カテゴリーとして、コミュニケーション支援や音声入力を始め「読書支援系」「環境制御・リモコン関係」「交通関係」「災害・安否確認関係」「新聞・ラジオなどメディア系」「学習(手話・点字等)系」などの幅広いカテゴリーに分類されています。

 カテゴリー一覧では、「声以外で、会話や意思疎通ができます」「聞こえを助けます」「音を聞いて操作ができます」といったアプリの特徴が簡単に紹介され、障害内容に応じたアプリケーションを探せるように工夫されています。

 さらに各カテゴリーでは、「Appロゴ」「App名」「価格」「詳細」「対鵜王OS」「展示」の各項目で、掲載アプリケーションの詳細をわかりやすく紹介しています。同センターのこのようなきめ細かい情報発信は、障害者はもちろんのこと、障害者以外の方々にも、IT社会におけるリテラシーの向上の一助になる活動といえるでしょう。

同じカテゴリーの記事

記事一覧