ブラインドサッカーを応用した新しい企業研修|サーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

ブラインドサッカーを応用した新しい企業研修

制度

コミュニケーション研修に利用されるブラインドサッカー

 視覚障害者と健常者が一緒にプレーするユニバーサルスポーツであるブラインドサッカーは、パラリンピックの正式種目として日本でも知られるようになってきました。ブラインドサッカーは「ブラインド」状態の選手と、「見える」状態のゴールキーパーやコーラーと呼ばれる選手がいます。これらの選手同士が的確に声を出し合い、円滑にコミュニケーションを図ることがプレーのカギとなります。

 近年、こうしたブラインドサッカーの特徴が様々なことに応用されています。日本ブラインドサッカー協会では、2010年に学校向け体験授業「スポ育」を開発し、多数の子どもたちに障害者スポーツから学ぶ機会を提供しています。また、その後は企業研修としても応用され、社内コミュニケーションの改善を目的に、複数の大手企業がブラインドサッカーを研修に導入しました。

 日本ブラインドサッカー協会では、2014年4月に企業研修プログラムを新たに「OFF TIME Biz」と名づけてサービスを提供しています。

「目をOFFにする」と様々なことが発見できる

 「OFF TIME Biz」では、サッカーをプレーするわけではなく、アイマスクをして様々なワークを行います。アイスマスクをした人、していない人が声を掛け合いながらワークする体験型研修です。「情報の8割を収集する」といわれる「目」をOFFにすることで、さまざまな効果があります。

 この研修を体験した人は、わかりやすく伝えること、声を出すこと、相手の話を聞くこと、またそれらを行うタイミングが社内コミュニケーションにおいていかに重要であるかを理解できるようです。
ダイバーシティが進む社内で円滑なコミュニケーションを図る上で、今後さらに注目されると思われます。

同じカテゴリーの記事

記事一覧