障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

報奨金

厚生労働省による「障害者短時間トライアル雇用」制度

制度

障害者雇用における各種制度

障害者雇用に関する制度には、大きく分けると納付金制度と助成金制度があります。代表的な納付金制度としては、法定雇用率を達成していない事業主から徴収する障害者雇用納付金制度(常用雇用者が100人を超す企業が対象)があります。

助成金制度としては、特定求職者雇用開発助成金をはじめ障害者職場定着支援金、障害者初回雇用奨励金(ファースト・ステップ ... >>続きを読む

障害者雇用納付金制度の申告申請の記載事項等の変更点

制度

申告申請に必要な記載事項と添付書類が追加

 障害者雇用納付金制度は、障害者の雇用に伴う事業主の経済的負担の調整を図るとともに、障害者の雇用水準を引き上げることを目的として障害者給付金(給付金)の徴収、障害者雇用調整金、報奨金、各種の助成金の支給を行う制度です。

 平成26年度申告申請分からは、障害者の雇用の促進等に関する法律施行規則の一部を改正する省令(平成25年 ... >>続きを読む

障害者の就職を促進する障害者雇用納付金制度

制度

障害者の就職に影響を与える障害者雇用促進法

 年々、増加する障害のある就職者の数ですが、これに大きく貢献してきたのが「障害者雇用促進法」の存在です。

 この法律が制定されたのは1960年で、今から約50年前のことです。以来、時代背景やニーズに合わせて幾度も改定されてきました。1976年には身体障害者の雇用が事業主の義務になり、1987年には知的障害者、2006年に ... >>続きを読む