障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

大学

障害学生に対する学校の就職支援

採用・就職

まだまだ少ない障害のある学生への就職支援

 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)の「障害のある学生の就業力の支援に関する調査結果報告書」(2011年度)によると、障害のある学生に対する就職支援で最も多かったのが「求人情報の提供」で55.0%でした。続いて「個別のキャリア相談」が54.2%、「エントリーシート、履歴書、面接に関する個別相談」が49.5%でした。

>>続きを読む

学内連携を深めて学生を支援するキャリアセンター

採用・就職

学内連携でより充実する障害学生の就職支援

 就職活動中の学生にとって、もっとも身近な相談機関が大学のキャリアセンターでしょう。企業からの求人情報の閲覧をはじめ、就職活動に関する相談、履歴書の添削、キャリアガイダンスの開催など、就職やキャリアに関する支援を行っており、就職活動中の学生は様々な場面で利用する機会が増えます。

 そんなキャリアセンターの障害学生に対する取 ... >>続きを読む

国が推進するバリアフリー・ユニバーサルデザイン

制度

優れたバリアフリー・ユニバーサルデザインの取り組みを表彰

 国や行政だけでバリアフリー・ユニバーサルデザインを普及するには限りがあます。そこで内閣府では、誰もが利用しやすい施設設備や製品開発などの活動を推進・普及させるためにバリアフリー・ユニバーサルデザインの優れた取り組みに対して表彰をしています。

 この取り組みは、平成16年に策定された「バリアフリー化推進要綱 ... >>続きを読む

発達障害学生支援に対する大学の課題と解決方法を探る

制度

他の障害と比べて判別が難しい発達障害

 発達障害は、かつて乳児期や幼児の問題と考えられていましたが、現在では大学などの高等教育機関にもかなりの人数がいると考えられています。文部科学省では、発達障害も「障害」のひとつとして位置付けて、2004年に成立した発達障害者支援法第8条2項に「大学及び高等専門学校は、発達障害者の障害の状態に応じ、適切な教育上の配慮をするものとする」と明記 ... >>続きを読む

障害学生の就職・キャリア形成を支援する学校のキャリアセンター

採用・就職

障害学生の就職率は約50%

 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)では、障害のある学生の就業力の支援に関する調査研究を発表しています。この調査研究では、平成23年3月に、全国の大学、短大、高等専門学校など高等教育機関1202校を対象にアンケートを行っています。その内、914校から回答を得ています。

 そのアンケート調査によると、障害学生が在籍する学校は、31 ... >>続きを読む

発達障害者支援のためにその定義や症状を知る

制度

発達障害とはどんな障害なのか

 発達障害を理解あるいは支援するためには、どんな定義があり、その症状がどんなものなのかを知る必要があります。

 発達障害とは中枢神経系の障害により、生まれつき認知やコミュニケーション、社会性、学習、注意力などの能力に偏りや問題が生じて現実生活に困難をきたす障害のことを言います。生まれつき障害があるため、その根本的な病理はほとんど変わり ... >>続きを読む

大学の障害学生修学支援で重要な役割を果たすコーディネーター

制度

さまざまな役割を果たすコーディネーター

 障害学生修学支援のためのコーディネーターを配置している大学があります。大学によって名称は異なりますが、このコーディネーターの配置目的は、障害学生が修学に際して必要とするさまざまな支援を行うものです。

 その業務は大学によって異なりますが、入試相談や入試の特別装置を行う入試対応、障害内容に合わせた修学支援、課外支援など障害学 ... >>続きを読む

障害学生修学支援のあり方が学べる「障害学生修学支援研修・シンポジウム」

制度

今後、大学に求められる障害者への合理的配慮を検討

 学生の各種学生生活の支援活動を行う日本学生支援機構(JASSO)では、障害学生の修学支援を行うために各種研修会、セミナー、シンポジウム等を開催しています。その中で現在開催されているものに「平成25年度 障害学生支援セミナー」があります。

 同セミナー開催の背景には、2008年5月の障害者権利条約の発行をふまえ、2 ... >>続きを読む

大学関係者の悩み解消に役立つ障害学生修学支援ネットワーク

制度

全国8ブロックにある拠点校を中心に活動

 大学の障害支援担当者の悩みのひとつにあるのが「障害学生への支援のあり方」ではないでしょうか。「具体的にどのような支援をしたら良いのかがわからない」「相談する相手が身近にいない」などの悩みを抱える関係者は少なくないはずです。

 そんな時に心強いのが独立行政法人日本学生機構(JASSO)の「障害学生修学支援ネットワーク」です。 ... >>続きを読む

就職活動に不可欠な企業研究

採用・就職

研究不足を感じる学生

 新卒学生の就職活動で重要なのが、「自己分析」と「企業研究」です。就活中の学生にとって、志望業界や企業、職業選択には、自分の志向性や強みを掘り下げる自己分析と、企業の経営理念、事業戦略、事業分野、企業文化などを調べる企業研究は必須の活動といえるでしょう。

 しかし、企業の採用担当者には、学生の自己分析と企業研究が足りないと感じる方も多いようで ... >>続きを読む

4 / 512345