障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

助成制度

在宅就業支援団体等活性化助成金とは?

制度

在宅での仕事を希望する障害者の就業機会拡大をめざす

 厚生労働省では、「在宅就業支援団体等活性化助成金」を創設し、厚生労働大臣の登録を受けた在宅就業支援団体または一定の要件を満たして障害者の在宅就業を支援する団体が事業の活性化を図る際、その費用の一部を助成しています。この助成金は在宅での仕事を希望する障害者の就業機会を拡大し、定着を図るためには支援団体の活発な活動が不可欠であ ... >>続きを読む

精神障害者雇用を促進する精神障害者ステップアップ雇用奨励金

制度

精神障害者の短時間労働からスタートできる制度

 障害者の雇用を促進するために国ではさまざまな支援制度や助成金制度を設けています。例えば、「障害者雇用納付金に基づく助成金」「ジョブコーチ支援制度」などが広く知られています。同時にトライアル期間を設けて、事業者と就労者がお互いに適性を確認してから本雇用に移行できる「トライアル雇用」(試行雇用奨励金)などを利用する企業も数多くありま ... >>続きを読む

就労拡大をもたらす「在宅就業障害者支援制度」

制度

在宅就業障害者に仕事を発注した企業に助成金を支給

 在宅就業障害者(自宅等で就業する障害者)の就業機会拡大につながると期待されている「在宅就業障害者支援制度」。この制度では、在宅就業障害者に仕事を発注する企業に対して、障害者雇用納付金制度において特例調整金・特例報奨金を支給します。

 また、企業が在宅就業支援団体(在宅就業障害者に対する支援を行う団体として厚生労働 ... >>続きを読む

就職を支援する自治体の取り組み

制度

障害者雇用に積極的な企業の紹介事業

 国による障害者の雇用促進ならびに就労支援に加えて、地方自治体では独自の取り組みを行い、就職を支援する施策を行っています。ここでは、代表的ないくつかの取り組みを紹介します。

 まず、多くの自治体で導入されているのが、障害者雇用を積極的に実践している企業の紹介サービスです。例えば、法定雇用率を大きく上回って達成している企業、あるい ... >>続きを読む

障害者雇用のための各種助成制度

制度

職場環境の整備などを促進する助成制度

 障害者雇用を促進するために、各都道府県やハローワークなどの関係機関では様々な助成措置を行っています。

 障害者が職場に適応することを目的に行われているのが、全国の地域障害者職業センターで実施されている「職場適応援助者(ジョブコーチ)支援事業」です。このれはジョブコーチを事業所に派遣し、雇用の前後を通じて障害者と事業主職場環境 ... >>続きを読む

中小企業における障害者採用

制度

企業規模別にみる障害者雇用率の現状

 2012年11月に厚生労働省が発表した「2012年 障害者雇用状況の集計結果」における企業規模別の障害者雇用率をみると、従業員56~100人未満の企業は1.39%、100~300人未満が1.44%、300~500人未満が1.63%となっています。この数字は民間企業全体の平均雇用率1.69%を下回り、1000人以上の企業における雇用率1.9 ... >>続きを読む

2 / 212