障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

ノーマライゼーション

高等学校機関における障害学生の現状

制度

高等学校機関に在籍する障害学生は前年より1532人増加

 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)が2005年度より実施している大学、短期大学、高等専門学校における「障害のある学生の修学支援に関する実態調査」によれば、2012年度の障害学生数は1万1768人で、2011年度より1532人増加しています。

 障害種別にみると、視覚障害694人(2011年度から13 ... >>続きを読む

国が推進するバリアフリー・ユニバーサルデザイン

制度

優れたバリアフリー・ユニバーサルデザインの取り組みを表彰

 国や行政だけでバリアフリー・ユニバーサルデザインを普及するには限りがあます。そこで内閣府では、誰もが利用しやすい施設設備や製品開発などの活動を推進・普及させるためにバリアフリー・ユニバーサルデザインの優れた取り組みに対して表彰をしています。

 この取り組みは、平成16年に策定された「バリアフリー化推進要綱 ... >>続きを読む

発達障害学生支援に対する大学の課題と解決方法を探る

制度

他の障害と比べて判別が難しい発達障害

 発達障害は、かつて乳児期や幼児の問題と考えられていましたが、現在では大学などの高等教育機関にもかなりの人数がいると考えられています。文部科学省では、発達障害も「障害」のひとつとして位置付けて、2004年に成立した発達障害者支援法第8条2項に「大学及び高等専門学校は、発達障害者の障害の状態に応じ、適切な教育上の配慮をするものとする」と明記 ... >>続きを読む

発達障害者支援のためにその定義や症状を知る

制度

発達障害とはどんな障害なのか

 発達障害を理解あるいは支援するためには、どんな定義があり、その症状がどんなものなのかを知る必要があります。

 発達障害とは中枢神経系の障害により、生まれつき認知やコミュニケーション、社会性、学習、注意力などの能力に偏りや問題が生じて現実生活に困難をきたす障害のことを言います。生まれつき障害があるため、その根本的な病理はほとんど変わり ... >>続きを読む

シンポジウムやイベントが全国各地で開催された障害者週間

制度

毎年、12月3日から9日は障害者週間

 毎年12月3日から9日までは障害者週間とされ、政府、地方自治体、民間などでさまざまなシンポジウムやイベントなどが行われています。

 障害者週間は平成16年6月の障害者基本法の改正によって、国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めると共に、障害者が社会、経済、文化、その他のあらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を ... >>続きを読む

ダイバーシティの推進が企業にもたらす効果

制度

組織活性化と新しい価値創造を生むダイバーシティ

 ここ数年、ダイバーシティの推進を経営戦略に掲げる企業は増えています。企業におけるダイバーシティは、多様な人材を雇用してそれぞれが能力を発揮することで組織の活性化を図るという経営戦略です。多様な人材とは、性別、国籍、人種などが異なる人材を示しますが、その中には障害者も含まれます。

 国籍や性別が違えば、物事の捉え方や ... >>続きを読む

さまざまな「バリアフリー」が整備される職場環境

制度

社会や職場に浸透するバリアフリー

 バリアフリーとは障害者や高齢者が生活をする上での障壁を取り除いた状態をいいます。一般的には段差の解消、車いす用のスロープ、点字ブロック、点字案内板など、設備面のバリアフリーがよく知られています。公共施設をはじめとした幅広い施設でバリアフリー化は進んでいます。

 1967年、岡山県に世界で初めて点字ブロックが設置されました。それ以 ... >>続きを読む

企業のCSR活動と障害者採用

制度

人権、労働という観点におけるCSR活動

 企業の社会的責任を意味するCSR(Corporate Social Responsibility)が、企業や産業界に浸透してかなりの歳月が経過しました。日本でCSRといえば、企業の環境に対する取り組みばかりが注目されがちですが、人権や労働に関する取り組みもCSR活動を支える重要な分野といえます。

 特に欧米の企業では、ダイ ... >>続きを読む

9 / 9« 先頭...56789