障害者求人の「現状」を考察するサーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

就労支援

国と都道府県が推進する障害者の就職支援を行う委託訓練

制度

国と都道府県の委託契約によって訓練を実施

 厚生労働省では各都道府県に障害者職業訓練コーディネーターを配置し、企業、社会福祉法人、NPO法人、民間教育訓練機関など多様な委託先を開拓しつつ、個々の障害者に対応した委託訓練を実施しています。

 訓練は国(厚生労働省)と都道府県が委託契約をし、職業能力開発校を委託元として実施されます。実際に訓練を行うのは各都道府県で配置 ... >>続きを読む

障害者の就労を支援する機器

制度

障害者雇用を浸透させるための補助機器紹介

 企業の積極的な採用活動や労働環境の整備により、障害者雇用は増加の一途を辿っています。独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では障害者雇用をさらに浸透させ、誰もが職業を通して社会参加できる「共生社会」を実現するために、障害者や高齢者が就労する際に身体的・心理的な負担を軽減し、円滑に仕事を遂行するための補助機器を紹介しています。>>続きを読む

発達障害学生支援に対する大学の課題と解決方法を探る

制度

他の障害と比べて判別が難しい発達障害

 発達障害は、かつて乳児期や幼児の問題と考えられていましたが、現在では大学などの高等教育機関にもかなりの人数がいると考えられています。文部科学省では、発達障害も「障害」のひとつとして位置付けて、2004年に成立した発達障害者支援法第8条2項に「大学及び高等専門学校は、発達障害者の障害の状態に応じ、適切な教育上の配慮をするものとする」と明記 ... >>続きを読む

障害学生の就職・キャリア形成を支援する学校のキャリアセンター

採用・就職

障害学生の就職率は約50%

 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)では、障害のある学生の就業力の支援に関する調査研究を発表しています。この調査研究では、平成23年3月に、全国の大学、短大、高等専門学校など高等教育機関1202校を対象にアンケートを行っています。その内、914校から回答を得ています。

 そのアンケート調査によると、障害学生が在籍する学校は、31 ... >>続きを読む

アンケート調査から知る障害者の職場定着のヒント

制度

障害者の職場定着に必要なこと

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の障害者職業総合センターでは「障害者の職場定着支援のために」という資料を2012年に発表しています。この資料では、障害者の職場定着支援を図るために、職場定着に積極的な企業の取り組みと就労支援機関に対するヒアリングを行い、その結果をまとめています。

 これは、職場定着支援のためのヒントとして支 ... >>続きを読む

障害者の技能を高めるアビリンピック

制度

障害者の職業能力を高めるアビリンピックが開催

 アビリンピックの名前で親しまれている「全国障害者技能競技大会」は、昭和47年から開催されています。同競技会は、障害のある方々が、日ごろから培った技能を互いに競い合うことにより、その職業能力の向上を図ると共に企業や社会一般の人々に障害のある方々に対する理解と認識を深めてもらい、その雇用の促進を図る目的で開催されています。

< ... >>続きを読む

発達障害者支援のためにその定義や症状を知る

制度

発達障害とはどんな障害なのか

 発達障害を理解あるいは支援するためには、どんな定義があり、その症状がどんなものなのかを知る必要があります。

 発達障害とは中枢神経系の障害により、生まれつき認知やコミュニケーション、社会性、学習、注意力などの能力に偏りや問題が生じて現実生活に困難をきたす障害のことを言います。生まれつき障害があるため、その根本的な病理はほとんど変わり ... >>続きを読む

初めて障害者を雇用した中小企業の特徴

採用・就職

障害者を初めて雇用した中小企業の業種や規模とは?

 2013年3月に発表された独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の「中小企業における初めての障害者雇用に係る課題と対応に関する調査」によると、初めて障害者を雇用した企業の種類は、「医療・福祉」が30.0%のトップで、「製造業」24.5%、「サービス業(ほかに分類されないもの)」11.8%、「卸売業、小売業」10.0%の4 ... >>続きを読む

初めて障害者雇用をした中小企業の課題と今後の方針

制度

ハローワークの紹介で障害者を雇用

 大企業に比べると、まだまだ進んでいない中小企業の障害者雇用。雇用を促進させるために、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では「中小企業における初めての障害者雇用に係る課題と対応に関する調査」を実施しています。そこでは初めて障害者雇用に取り組んだきっかけについてのアンケート結果が発表されています。

 その結果をみると、「ハロ ... >>続きを読む

就労拡大をもたらす「在宅就業障害者支援制度」

制度

在宅就業障害者に仕事を発注した企業に助成金を支給

 在宅就業障害者(自宅等で就業する障害者)の就業機会拡大につながると期待されている「在宅就業障害者支援制度」。この制度では、在宅就業障害者に仕事を発注する企業に対して、障害者雇用納付金制度において特例調整金・特例報奨金を支給します。

 また、企業が在宅就業支援団体(在宅就業障害者に対する支援を行う団体として厚生労働 ... >>続きを読む

10 / 11« 先頭...7891011