東京2020 パラリンピックカウントダウンイベント|サーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

東京2020 パラリンピックカウントダウンイベント

制度

「みんなのスタート!2000 Days to Go!!」開催

 東京2020パラリンピック競技大会の開催まで2000日前となる3月5日に、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会はカウントダウンイベントを開催しました。

 このカウントダウンイベントは、東京インターナショナルスクール(港区)を会場に、「みんなのスタート!2000 Days to Go!!」と題したスポーツイベントです。 障害者スポーツが誰にでも楽しめるスポーツであり、その楽しさや面白さ、世代や言語の壁を気にせずに相互理解を深めることができることを伝えることを目的としています。

障害者スポーツの魅力を伝える活動を推進

 今回のイベントには、ブラインドサッカー日本代表の加藤健人選手をはじめサッカー元日本代表の三浦淳寛さんと北澤豪さんをゲストに、子供たちとのブラインドサッカーの体験が行なわれました。

 アイマスクをしてプレーするブラインドサッカーを初めて体験した子供たちにとって、競技を体験することで障害者スポーツの難しさと面白さを知ることができる機会だったのはではないでしょうか。

 同委員会は、東京2020 パラリンピックを盛り上げていくためにも、様々なイベント活動を今後も開催し、障害者スポーツの素晴らしさを社会に向けて広く発信を進めています。

 東京2020 パラリンピックを盛り上げていくためには、バリアフリーなどの施設・設備の充実とともに、このような取り組みを継続していくことが大切です。スポーツを通した障害者支援にもつながり、ダイバーシティやノーマライゼーションの実現に向けても有意義な活動といえるでしょう。

同じカテゴリーの記事

記事一覧