2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて|サーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて

制度

東京メトロ“魅力発信”プロジェクト

 東京メトロでは、2020年東京オリンピック・パラリンピック向けて「東京メトロ“魅力発信”プロジェクト」を策定しました。

 同プロジェクトは、これまで東京メトロが計画していた施策に加え、施策の前倒しや新規施策の追加も合わせて、オリンピック・パラリンピックの開催後も見据えたプロジェクトです。

 これは「沿線地域との連携、東京を楽しく」「地下鉄をわかりやすく快適に」「世界トップレベルの安心でお出迎え」の3つをキーワードとし、オリンピック・パラリンピック開催都市の重要な交通インフラとして、安全性やサービス水準をこれまで以上に向上させるとともに、東京をより楽しく利用してもらうことをめざしたものです。

バリアフリー設備整備の推進

 3つのキーワードの1つ、「世界トップレベルの安心でお出迎え」に基づいて、同プロジェクトでは以下の3点を整備のポイントに挙げています。

 1つ目のポイントは「ホームドア整備加速」。ホーム上の安全化を図るため、全路線のホームドア整備を推進しています。

 2つ目は「震災・大規模浸水対策」。対策強化だけでなく、早期運転再開に向けた取り組みも行っています。

 3つ目は「バリアフリー設備整備の推進」。全駅でのエレベーター1ルート整備、エレベーター複数ルートの整備を通して、シームレスにストレスなく移動できる環境づくりをめざしています。

同じカテゴリーの記事

記事一覧