東京都障害者IT地域支援センターの取り組み|サーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

東京都障害者IT地域支援センターの取り組み

採用・就職

IT利用相談支援、研修等を行う

 東京都障害者IT地域支援センターは、「IT利用相談支援」として、障害者や家族からの相談支援業務やIT支援に関する区市町村職員からの相談支援業務を行っています。

 またITサポーター(ボランティア)による訪問支援およびセンターでの体験実習の実施、IT地域支援センターホームページの管理・運営業務、障害者のIT利用支援のために必要な情報収集・情報提供に取り組んでいます。

 さらに、区市町村職員等を対象としたIT支援のための講習会を開催するなど「障害者のIT支援者養成研修」も行っています。

就労を目標としたIT研修情報を発信

 同センターのホームページでは、都内や近県で障害者が職業研修(IT)を受けられる機関・団体の情報を「やくだち情報」として発信しています。公的機関や民間を問わず、就労を目的とした職業支援のためのIT研修情報が公開されています。

 同ページには、障害者の職業指導と職業訓練、雇用支援等を行う「国立職業リハビリセンター」、職業能力開発促進法に基づき、国が設置して東京都が運営する「東京障害者職業能力開発校」などが紹介されています。

 その他にも、「東京都職業能力開発センター」「武蔵野市障害者就労支援センターあいる」「社会福祉法人日本盲人職能開発センター」「財団法人障害者職能訓練センター」などIT研修が受けられる機関・団体が多数掲載されています。

同じカテゴリーの記事

記事一覧