障害者差別解消法に向けた「全国障害学生支援セミナー」開催|サーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

障害者差別解消法に向けた「全国障害学生支援セミナー」開催

制度

合理的配慮規定等の施行に備えた理解促進・普及啓発

 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)は、2016年4月の「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」における合理的配慮規定等の施行に向けて、「体制整備支援セミナー」を開催します。

 2014年11月開催予定のセミナーでは、文部科学省の行政説明や同機構の実態調査の分析等の報告をはじめ「大学等における障害学生修学支援の体制整備と今後の課題」、「発達障害のある学生への支援体制整備とその問題点」の講演が予定されています。

 このセミナーは、各大学等の管理者、実務担当者に対して障害者差別解消法の理解促進・普及啓発を図ることを目的に行われます。

「専門テーマ別障害学生支援セミナー」も開催

 同機構では、障害者差別解消法における合理的配慮規定の施行や「第三次障害者基本計画」等を踏まえて、障害のある学生への支援事業を充実させる目的で、「体制整備支援セミナー」とともに「専門テーマ別障害学生支援セミナー」も開催します。

 このセミナーでは、発達障害や就職支援等の専門的なテーマに焦点を当て、障害学生修学支援ネットワーク拠点校などの協力を得て、全国各地で支援体制の向上に関する情報や意見交換を行います。

 専門テーマは「障害学生への支援力強化のために」「高等教育における障害種別の合理的配慮のあり方」「障害学生のキャリア形成に対する効果的支援のあり方について」「発達障害大学生に対する社会参入支援~学生のセルフアウェアネスを育てる『支援の見える化』」「発達障害学生の雇用を支える連携体制の構築を考える―就労支援機関との連携、企業の受け入れを中心に―」などが予定されています。

同じカテゴリーの記事

記事一覧