障害者雇用がよくわかる「障害者雇用促進ハンドブック」|サーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

障害者雇用がよくわかる「障害者雇用促進ハンドブック」

採用・就職

障害者雇用に関連する法律や制度を網羅

 東京都では、障害者の雇用を促進するために事業主と雇用支援者のための「障害者雇用促進ハンドブック」(平成25年度版)を発行しています。東京都では障害者がいきいきと働き、生活していくためには事業主やそこで働く人々の理解と支援が必要という認識から、障害者の雇用促進や職場定着を図るためのひとつの手段として同ハンドブックを作成しているのです。

 このハンドブックでは、障害者手帳の交付状況や東京都の障害者数、また事業主に把握してもらいたい障害者雇用促進法の概要、法定雇用率に関する基本知識などを紹介しています。同時に東京都における民間企業の障害者実雇用率も紹介し、民間企業による障害者雇用促進の重要性をアピールしています。

障害者雇用に関する幅広い情報が把握できる一冊

 同ハンドブックでは、障害者を雇用する際に課題となりやすい「設備のバリアフリー化」「賃金や労働条件など」「障害者の能力向上の問題」「障害内容と業務のマッチングの問題」「職場定着のための手段」など、相談窓口の連絡先を紹介しています。

 さらに障害者を雇用する際の配慮事項、障害別の特徴とそれぞれの配慮事項なども列記。また、国や東京都が実施している障害者雇用における助成金制度や、各種支援制度なども取り上げています。

 

同じカテゴリーの記事

記事一覧