「ジャパンウォーク in TOKYO~オリンピアン・パラリンピアンと歩こう~」開催|サーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

「ジャパンウォーク in TOKYO~オリンピアン・パラリンピアンと歩こう~」開催

制度

バリアフリーを考える契機となるイベント

 2016年5月21日、東京都江東区豊洲で2020年にオリンピック・パラリンピック競技大会が開催される東京を舞台に、ウォーキング大会「ジャパンウォーク in TOKYO~オリンピアン・パラリンピアンと歩こう~」が開催されました。 

 同大会は、バリアフリーに配慮したコースを設定することにより、街や人の「バリアフリー」について考える機会になればという思いからスタートしたイベントです。障害のある人もない人も共に楽しめる競技をめざし、ジャパンウォーク実行委員会が主催、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック委員会協力のもと行われました。

 同大会では競技の開始に先立ち、出発式が開催され、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の武藤事務総長や日本パラリンピック委員会の高橋副委員長、スポーツ庁の鈴木長官らが出席しました。

 出発式の後、競技参加者はオリンピアン・パラリンピアンに見送られながら豊洲をスタートし、ロングコース(約14km)とショートコース(約4km)の2つのコースに分かれてウォーキングが行われました。

 ロングコースは、日本橋や皇居前、銀座を抜ける所要時間3~4時間のコースで、体力に自信がある方向けのコースです。また、ショートコースは、障害者や小さなお子様連れなど、バリアフリーに配慮した誰もが参加しやすいコースになりました。

障害者スポーツへの理解や関心を深める取り組み

 本競技大会では、ウォーキング以外にも、「障がい者スポーツ・超人スポーツ体験会」も併せて開催され、ブラインドサッカー、車いすバスケットボール、シッティング バレーボールなどの体験会が催されました。

 実行員会の発表によると、当日はウォーキングに1425人、障害者スポーツなどの体験会に738人の計2163人が参加した盛況なイベントとなりました。

 また、オリンピック・パラリンピックに向けた、ボランティアの育成も目的としている同大会には、車いす利用者や視覚・聴覚障害者への接し方を学ぶ講習会に参加した大学生141人を含む161人が、ボランティアとしてイベントに参加しました。

 このように、多くの人がさまざまな形で障がい者スポーツに携わることにより、障がい者スポーツに対する理解や関心がより深まることが期待されています。

同じカテゴリーの記事

記事一覧