シンポジウムやイベントが全国各地で開催された障害者週間|サーナ・トピック

障害者が自分らしく働ける雇用・求人環境を考える

シンポジウムやイベントが全国各地で開催された障害者週間

制度

毎年、12月3日から9日は障害者週間

 毎年12月3日から9日までは障害者週間とされ、政府、地方自治体、民間などでさまざまなシンポジウムやイベントなどが行われています。

 障害者週間は平成16年6月の障害者基本法の改正によって、国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めると共に、障害者が社会、経済、文化、その他のあらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的に、従来の障害者の日(12月9日)に代わるものとして制定されました。

 以後、毎年、この期間を中心に国、地方自治体、関係団体などにおいて、さまざまな意識啓発にかかわる取り組みを展開しています。

全国各地でさまざまなイベントが開催

 例えば、内閣府では障害者週間を含む前後の期間で、「障害者フォーラム2013」を開催し、全国から公募した作文やポスターの受賞者の表彰式を開催。さらに記念シンポジウム「障害者差別解消法でこういう社会になっていく」や各種セミナーも開催しました。

 また、東京都では障害者週間フリーマーケットの開催、大阪府の大阪ふれあいキャンペーン、横浜市の障害者の手作りによるパンの販売、障害者の演奏会、障害者週間のポスター展示、宝塚市の身体障害者補助犬シンポジウム、さらには全国各地でシンポジウムや記念公園、各種イベントが開催されました。

同じカテゴリーの記事

記事一覧